ページスクロールナビ

海辺の絶景と三崎の美味 猿島・三浦半島めぐり

海辺の絶景と三崎の美味 猿島・三浦半島めぐり

東京から車で約1時間というアクセスの良さが人気の三浦半島。半島東部の東京湾側にある無人島・猿島や絶景が人気の横須賀美術館、「三崎マグロ」で有名な三崎港など海岸線沿いに人気の観光スポットが複数存在する。四季を問わず楽しめる海辺の景観やグルメを堪能する日帰りドライブ旅行に訪れてみた(写真:猿島)。

2018.11.06 掲載

    • 猿島桟橋

      東京湾に浮かぶ無人島・猿島。戦時中に要塞としての役割を担っていたが、年月とともにその遺構は原生林に覆われ、長編アニメ映画「天空の城ラピュタ」の世界観を体現したような島となった。

    • 猿島

      兵舎や砲台なども緑に覆われて当時の姿のままで残っており、文明が滅びた後のような景観は、冒険活劇の主人公になったような高揚感をも味わえる。

    • 猿島 レンガの壁

      幕末から明治初期、昭和と3度に渡って砲台が築かれた猿島。古い様式であるフランス積みのレンガの壁はほとんどが壊され、国内で見られるのは今や猿島を含め4箇所のみ。

    • 猿島の「愛のトンネル」

      猿島に数あるトンネルの一つ、通称「愛のトンネル」は全長約90m。トンネル内に弾薬庫があり秘密基地のような雰囲気だが、お祈りすると縁結びにご利益があると言われている。

    • 猿島の建築物

      赤レンガのトンネルと苔むした岩壁の間にある広場から空を見上げると、ここが海上の島であることを一瞬忘れてしまう非現実感が面白い。

    • 横須賀美術館

      猿島行きのフェリー乗り場から車で約15分の横須賀美術館。正面入り口の芝生の先に広がる海、そしてデザイン性高い屋上広場から眺める東京湾といった「2つの海辺の美観」が人気の絶景スポット。

    • 横須賀美術館エントランス付近

      美術館外壁は潮風に耐えられるガラス製で、館内には自然の柔らかな光がたっぷりと入り込む。正面入り口の横にあるレストランでは、芝生の広場と東京湾の景色を眺めながら食事を楽しめる。

    • 横須賀美術館の屋上広場

      館内エスカレーターを昇ると広がるスペースは屋上広場。目の前に広がるのは東京湾。行き交う色とりどりの船と海、そして一面の青空はさながら「動く絵画」のような光景。

    • 横須賀美術館エントランス付近

      開放的な館内は、吹き抜けの高い天井が特徴的。エントランスをはじめ側面にも大小の丸穴が開いており、日の光が降り注ぐ。室内にいても常に周囲の山や海を感じられる。

    • 荒崎公園の海岸

      横須賀美術館から横浜横須賀道路を経て約30分で到着する荒崎海岸は、三浦半島でも屈指の景観美を誇るスポット。荒々しいリアス式海岸が続き、十文字洞や弁天島などの見所が揃う。

    • 荒崎公園の岩場

      複雑に重なり合った荒崎公園の岩場は、数千万年前に堆積したと推定されている。大自然が創造したこの風景は、多彩な怪獣が登場する円谷プロの子供向けテレビ番組のロケ地にも採用された。

    • 荒崎公園の芝生広場

      小高い丘を登ると、回りを森に囲まれた円形の芝生広場が広がる。そばに設置されているのは「夕日の丘」の展望台。秋冬や春先の空気が澄んだ日は富士山や天城連山などが望める。

    • 荒崎公園の芝生広場

      海辺の公園でありながら、緑も豊富な荒崎公園。テラス席も設置されており、三浦半島ドライブの休憩場所にも利用される。釣りやBBQなど、様々な人々が集まる憩いの場。

    • 三浦漁港にある海舟

      三浦半島と言えば「三崎マグロ」。料理屋・海舟(かいしゅう)では、三崎港で水揚げされる新鮮な地魚やマグロ料理が味わえる。

    • 海舟の店内

      海舟のカウンター席前のネタケースには、三崎の地魚がずらりと並ぶ。その日に水揚げされた海産物を、目の前の市場で厳選して仕入れている。

    • 海舟のまぐろ定食

      日替わりで三崎マグロのお刺身が味わえる「海舟まぐろ定食」。お刺身の他にマグロぎょうざ(イカ塩辛付き)、血合いステーキエスカルゴ風、びんとろカマ焼の3品から1品選べる。

    • 海舟

      三崎マグロのお刺身盛り合わせは美味しさも格別。脂がのっている中トロは口どけが良く、程よい甘さが口の中に残る。あっさりとした赤身は肉質も良く、マグロ本来の味わいが感じられる。

    • 海舟

      「一番美味しい形で三崎マグロを提供したい」という大将の想いから、海舟ではお刺身をどれも厚切りで提供。

    • 海辺のイタリアンレストランMARINE & FARM

      三浦半島の夕暮れをゆったりと過ごすために、旅の最後に訪れた海辺のイタリアンレストラン・MARINE & FARM。「EAT LOCALLY」をコンセプトに、神奈川県の食材をメインに用いる。

    • MARINE & FARMのオーシャンビューテラス席

      船上デッキをイメージしたオーシャンビューのテラス席。晴れた日の夕暮れは、水平線の彼方に沈む夕日と富士山が同時に楽しめる抜群の眺望。

    • MARINE & FARMのデザート

      MARINE & FARM人気のデザートは、近くにある関口牧場の新鮮な牛乳を使用したパンナコッタ。濃厚なミルクの味わいとハチミツの甘い香りは至福の組み合わせ。

    • MARINE & FARMのオーシャンビューテラス席

      日没直後のテラス席は柔らかな光でライトアップされ、穏やかな波の音をBGMにゆったりと夕食をいただける。

今回の旅のルート

※紹介している内容は2018年6月時点のものです。

海岸線沿いの景観とグルメを楽しむ大人の日帰り旅

東京から車でのアクセスが良く、手軽に海辺の旅を楽しめる三浦半島。要塞遺構がある無人島・猿島の神秘的な光景や横須賀美術館や荒崎海岸の180度広がる大海原を眺めた後は、三崎マグロや絶品スイーツを堪能。非日常的な海辺の絶景を手軽に楽しめる、島と半島をめぐる日帰り旅行。