トラベルバリュー食彩・越前がにと冬の味覚

【食彩】『漁港直送の旬を味わう 越前がにと冬の味覚』を公開

“冬の味覚の王者”と言えば、かに。なかでも毎年皇室に献上されることで有名な「越前がに」と呼ばれるのは、福井県で水揚げされるズワイガニの雄のみ。各地の食を独自取材しご紹介する「食彩」ページで、日本海の潮流にもまれて引き締まった甘い身と、芳醇なコクのある味噌を宿して成長したズワイガニに焦点をあて「漁港直送の旬を味わう 越前がにと冬の味覚」を公開。
毎年11月6日にカニ漁解禁となり、1年のうち11月6日から3月下旬までの期間しか味わえない海の幸を堪能しに、福井県の冬の港町へ出かけてみませんか?。

トラベルバリュー食彩・越前がにと冬の味覚

「重さ1.5kg以上、甲羅の幅14.5cm以上、爪の幅3cm以上」と、標準サイズを上回った大きさの越前がにだけが選ばれる数が極めて少ない最上ランクの「極(きわみ)」や、漁解禁の11月6日から産卵期までの12月末までしか食べられないメスの「セイコガニ」もご紹介。「ギャラリー」では食彩ページに掲載できなかった、福井で堪能できる越前がにや冬の味覚、越前がにの選別作業場などの画像を公開しています。

  • facebook
  • twitter