トラベルバリュー食彩・涼を楽しむ京料理

【食彩】『この夏に訪れたい、涼を楽しむ京料理』を公開

各地の食を独自取材し紹介する「食彩」で、四季折々で表情を変える自然に囲まれた川床や歴史ある寺院でいただく精進料理など、「この夏に訪れたい、涼を楽しむ京料理」を公開。
凛とした空気が心地よい、ひとときの涼しさをもたらしてくれる京都の非日常的な空間で、特別な料理を特別な人と楽しんでみませんか。「貴船(きぶね)ひろや」の川床料理、「閑臥庵(かんがあん)」や天龍寺の境内にある「篩月(しげつ)」の精進料理をご紹介しています。

トラベルバリュー食彩・涼を楽しむ京料理

後水尾法皇が自ら命名されたという「閑臥庵」。約350年の歴史を誇る黄檗宗(おうばくしゅう)の由緒ある禅寺境内にある「閑臥庵」では、大豆製品と野菜を用い、ゴマ油を使うのが特徴の普茶料理(ふちゃりょうり)を提供しています。精進料理の質素なイメージを覆す、見た目も華やかな逸品です。「ギャラリー」では食彩ページに掲載できなかった川床料理や精進料理などたくさんの画像を公開しています。

  • facebook
  • twitter