トラベルバリュー風光明媚・食と伝統を紡ぐ海の京都 丹後の冬

【風光明媚】『食と伝統を紡ぐ海の京都 丹後の冬』を公開

大人時間を彩る旅を提案する「風光明媚」特集では『食と伝統を紡ぐ海の京都 丹後の冬』を公開。
古都の風情漂う雅な京都。その京都から北に約2時間半ほど車を走らせると辿り着くのが、丹後半島を中心とした丹後地域です。約300年の歴史を誇る伝統的な織物の一大産地や、近海でごく少量しか獲れず幻と呼ばれる絶品のカニ、日本海と沿岸の景観を存分に楽しめる特別な観光列車。冬だからこそ訪れてみたい、日本海に接し「海の京都」とも呼ばれる丹後の魅力を紹介しています。

トラベルバリュー風光明媚・食と伝統を紡ぐ海の京都 丹後の冬

丹後半島北部の港町・間人(たいざ)。間人港からわずか5隻の小型船で操業し、水揚げされるのが希少価値の高い「間人ガニ」です。港から漁場の経ヶ岬沖合まで約3時間ほどという近さから漁船が日帰りで戻ってくるのも、カニの鮮度に大きく関わります。極めて漁獲量が少ないゆえに高値ですが、長い脚や筋肉質な身の美味しさは格別。

冬の時期は関西圏を中心に、間人ガニを食べに行く旅行ツアーも人気です。

  • facebook
  • twitter