江戸~昭和の面影を求めて 上野今昔紀行

【ワンデイトリップ】『江戸~昭和の面影を求めて 上野今昔紀行』を公開

トラベルバリューでふと出かけたくなる日帰り旅を提案する「ワンデイトリップ」で、『江戸~昭和の面影を求めて 上野今昔紀行』を公開。江戸時代に徳川将軍家の菩提寺である寛永寺が建立され、門前町が開けて以降多くの人出で賑わってきた町・上野。過ぎ去った時代を偲ばせる数少ないスポットからレトロな下町文化の発信地、さらに現代人の舌を満たす一皿に出会えるスポットを数々の画像とともに紹介しています。

トラベルバリューワンデイトリップ・上野東照宮の表参道

幕末の戦乱や関東大震災、第二次世界大戦を経てなお輝き続ける東照宮を参拝したあとは、明治創業の料亭の甘味処でひと休み。老舗酒店の帳場に上がって、江戸商人の日々を想像したあとは、フレンチのランチへ。最後は大正~昭和の下町文化を追体験できる施設で、レトロな気分に浸ります。ほぼ半日で複数の時代を追体験できる、大人の上野探訪へ出かけてみませんか?
「ギャラリー」では、ワンデイトリップに掲載しきれなかった上野界隈の立ち寄りスポットなど、見て触れて味わって「上野の今と昔」を感じるたくさんの画像を公開しています。

  • facebook
  • twitter