旅のご予約|全国各地

2018.9.4

関東の人気紅葉名所を楽しむ日帰りバスツアー

関東の人気紅葉名所を楽しむ日帰りバスツアー
自然が織りなすぜいたくな景色に心揺さぶられるひとときを求めて、秋の旅行に出かけませんか。気軽に短時間の旅行が楽しめる日帰りバスツアーは、移動もラクラク、車窓からの風景を楽しんでいるうちに次のスポットに到着。荷物もバスに置けるため、お土産を買うにも便利です。今回は関東地区で特に人気の紅葉絶景スポットに行く日帰りバスツアーを紹介します。(写真:河口湖の紅葉)

このページをシェアする

< 目次 >

日光(栃木県)

日光・華厳の滝の紅葉

豊かな自然と歴史的な史跡が多く残る日光。日本三名瀑のひとつ・華厳ノ滝や、紅葉の中を勢い良く流れ落ちる竜頭の滝、木々の下を末広がりに流れ落ちる湯滝、湖面に紅葉が写り込む中禅寺湖、一面の草が色づく草紅葉(くさもみじ)が見られる戦場ヶ原など、秋色に色づく日光は、自然美にあふれています。
世界遺産・日光東照宮をはじめ、平成29年(2017年)の大修復以降も根強い人気の国宝・陽明門など見どころもたくさんあります。日光はエリアが広く、標高差があるため、場所により紅葉の見ごろはさまざま。例年9月から11月まで長く紅葉を楽しめます。
【例年の見ごろ】
・戦場ケ原:9月下旬~10月上旬
・華厳の滝:10月上旬~10月下旬
・中禅寺湖:10月中旬~10月下旬

苗場山(新潟県)

苗場・ドラゴンドラと紅葉

冬はスキー場として賑わう苗場ですが、秋は「空中散歩」が楽しめる紅葉の人気スポットでもあります。苗場高原と田代高原を結ぶ「ドラゴンドラ」は、全長5,481メートル、日本一長いゴンドラです。ダイナミックな紅葉の渓谷や、天候によって七色に変化する二居湖(ふたいこ)の上を通過する片道約25分の空中散歩は迫力満点。
かぐらスキー場・田代ステーションから田代ロープウェー山頂駅までは「田代ロープウェー」で片道約10分。田代ロープウェーの全長は2,175メートル、瞬間地上高は230メートルに達します。山頂駅から望む紅葉の苗場山や田代湖は絶景です。

【運行期間】
・ドラゴンドラ
 2018年10月6日(土)~11月11日(日)
・田代ロープウェー
 2018年10月6日(土)~11月4日(日)
 9:00~16:00(上り最終 15:00)
【例年の見ごろ】
・苗場山:10月中旬~11月中旬

袋田の滝(茨城県)

袋田の滝の紅葉

日本三名瀑のひとつ・袋田の滝は、久慈川の支流・滝川にかかる落差120メートル、幅73メートルの大きな滝です。国の名勝に指定されており、大岸壁を四段に流れ落ちることから「四度の滝」とも呼ばれています。ナラ、クヌギ、カエデなどの紅葉が渓谷全体を彩る美しさは、西行法師も歌に詠んで絶賛したほど。
袋田の滝とあわせて紅葉の人気スポット・花貫渓谷をめぐるツアーも多数あります。花貫渓谷の遊歩道は気軽に楽しめるハイキングコースになっており、小滝沢キャンプ場から汐見滝吊橋付近の紅葉は特に見事です。
【例年の見ごろ】
・袋田の滝:11月上旬~11月中旬

箱根(神奈川県)

箱根・芦ノ湖の紅葉

芦ノ湖から仙石原、強羅、箱根湯本へと順に色づいてゆく箱根の紅葉。芦ノ湖のまわりを囲む箱根外輪山は、例年11月上旬から11月中旬、山全体が黄色く色づきます。天気がよければ外輪山の向こうに富士山を望むことができる、絶好のビュースポット。湖畔のハイキングコース、芦ノ湖遊覧船や箱根ロープウェイから眺める芦ノ湖の紅葉も見事です。仙石原のすすきも見逃せません。

台ヶ岳北西のふもと一帯に、初秋は銀色、秋が深まるにつれて淡い金色のすすきが広がります。箱根強羅公園では、園内の噴水池を中心に、随所で紅葉する木々が見られます。公園脇を走るケーブルカーの線路沿いも、紅葉の人気スポットです。
箱根山のふもと・箱根湯本では、箱根山全体に色づく紅葉、黄葉が望めます。紅葉に囲まれ小川のせせらぎを聞きながら、風情漂う湯本一帯を散策すれば、静かな時間が過ごせます。
【例年の見ごろ】
・芦ノ湖:11月上旬~11月中旬
・強羅:11月中旬~11月下旬
・箱根湯本:11月下旬~12月上旬

昇仙峡(山梨県)

昇仙峡・長潭橋と紅葉

山梨県を代表する景勝地のひとつ・昇仙峡は、国の特別名勝に指定されており、紅葉の名所としても知られています。長い歳月をかけて削り取られた花崗岩(かこうがん)の断崖や奇岩・奇石の間を川が穏やかに流れています。秋には岩や石の合間をたくさんの木々が赤や黄色に染め上げ、絶景を作り上げます。
渓谷沿いの天鼓林(てんこりん)から、花崗岩の白さに紅葉が映える覚円峰(かくえんぼう)までは、絵画のように美しく、特に見ておきたいポイントです。昇仙峡の玄関口・長潭橋(ながとろばし)と紅葉もまた息を飲む美しさ。仙娥滝(せんがたき)や板敷渓谷(いたじきけいこく)など、大迫力の滝と紅葉の景色も楽しめます。
【例年の見ごろ】
・昇仙峡:10月下旬~11月下旬

河口湖(山梨県)

河口湖・もみじ回廊のライトアップ

都心からのアクセスも良く、富士山を目の前に臨む河口湖。紅葉の時期には湖の周辺の木々が赤く色づき、湖をいっそう美しく輝かせます。湖畔沿いの街道では、どこも見事な紅葉を見せますが、特に紅葉シーズンで外せないのは、河口湖美術館通りのもみじ回廊です。約60本ものもみじが並び、いっせいに紅葉するさまは圧巻。
例年、河口湖北岸では「富士河口湖紅葉まつり」を開催。期間中は露店が並び、さまざまな催し、夜間のライトアップもあり、幻想的な空間で紅葉が楽しめます。「富士河口湖紅葉まつり」会場から車で約15分の場所には河口湖のもうひとつの紅葉の名所・紅葉トンネルがあります。河口湖と西湖の北岸を走る湖北ビューラインは、湖越しに富士山を眺められるビューポイント。道路沿いの木々が紅葉し、もみじのトンネルを作ります。富士山、河口湖、紅葉を一度に見られる、写真撮影で人気のスポットです。

【富士河口湖紅葉まつり】
開催場所:
河口湖畔河口梨川周辺
2018年11月1日(木)~2018年11月23日 (金)
9:00~19:00(ライトアップは22:00まで)
※「紅葉トンネル」はライトアップを行っていません。

URL(富士河口湖紅葉まつり):
http://www.fujisan.ne.jp/event/info.php?no=680
【例年の見ごろ】
・河口湖:11月上旬~11月中旬

養老渓谷(千葉県)

養老渓谷の紅葉

養老川の上流に沿って広がる養老渓谷。変化に富んだ渓谷美と、幾重にも折り重なる紅葉が楽しめます。梅ヶ瀬渓谷(うめがせけいこく)、 栗又の滝(あわまたのたき)、筒森もみじ谷(つつもりもみじだに)、中瀬遊歩道(なかせゆうほどう)など、紅葉が美しいスポットが点在し、都心から気軽に行けるハイキングスポットとして人気です。例年、12月上旬まで紅葉が見られる大多喜町筒森のもみじ谷は特におすすめ。養老渓谷の青空と、真っ赤に染まりゆく木々のコントラストは絶景です。
勤労感謝の日には「養老渓谷もみじまつり」が開催され、農産物の直売、餅つきの実演販売、和太鼓などのイベントがあります。

【養老渓谷もみじまつり】
開催場所:
いすみ鉄道上総中野駅前、養老渓谷やまびこセンター前、旧会所分校
千葉県 大多喜町 小田代ほか
2018年11月23日(金・祝)
10:00~15:00
URL(養老渓谷もみじまつり):
https://www.otakikankou.net/%E3%82%A4%E3%83%99%E3%83%B3%E3%83%88/%E3%82%82%E3%81%BF%E3%81%98%E3%81%BE%E3%81%A4%E3%82%8A/
【例年の見ごろ】
・養老渓谷:11月下旬~12月上旬
※気象状況などにより、紅葉時期が前後する場合がございます。
36 件

このページをシェアする

presentトラベルバリュー・プレゼント

『はとバス東京観光 大好評の日帰りツアー無料ご招待』をプレゼント

創立70周年を迎えた「はとバス」。大人時間を彩る旅の情報サイト「トラベルバリュー」では、はとバス東京観光ツアーの中から今話題の観光地を訪れる「はとバス東京観光 大好評の日帰りツアー無料ご招待」プレゼントのご紹介をしています。
プレゼントに応募する 応募には会員登録が必要です。

トラベルバリュー国内ツアー検索

国内ツアー検索ならトラベルバリュー

トラベルバリュー国内ツアー検索では、北海道から沖縄まで全国各地の格安国内ツアーを最安値からテーマ・目的別で検索・比較可能。人気の日帰りバスツアーや、航空券パック、列車+ホテルパックなど、あなた好みの国内ツアーを条件を指定して検索することが出来ます。
国内ツアー検索を見る

メニューから記事を見る