旅のご予約|東京都

2019.12.25

【東京 旅行記】関東平野の絶景を望む都会のオアシス「高尾山」

【東京 旅行記】関東平野の絶景を望む都会のオアシス「高尾山」
高尾山(標高599m)は、東京都八王子市に位置する「明治の森高尾国定公園」に指定された東京を代表する山。今回は新宿駅から電車(京王線 約1時間)で手軽に日帰り登山・ハイキングを楽しめる「高尾山」の魅力をご紹介します。木々のざわめき、小鳥のさえずりなど様々な自然の音が聞こえてくるお好みの登山コースで、心も身体もリフレッシュできる山歩きをお楽しみください。写真:高尾山・かすみ台(展望台)からの眺望

このページをシェアする

< 目次 >

高尾山は2007年に日本各地の魅力を伝える旅行ガイド「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」で、富士山などと並び”ミシュラン三ツ星”を獲得した最高評価の観光地です。都心からアクセスも良く、豊かな自然や歴史・グルメなど充実した旅を楽しめるため、高尾山の注目度はさらに高まり地方や海外からも多くの人が訪れる人気のスポットになっています。

高尾山を楽しむ登山コースの魅力

高尾山の登山コースは全部で7コース。7コースの中で山麓から高尾山頂を目指す登山コースは3コース。メインルートである1号路(表参道コース)をはじめ、渓流に沿って歩く6号路(びわ滝コース)と、稲荷山を経て尾根道を通る稲荷山コースです。

高尾山・1号路(表参道コース)

高尾山の様々な風景や自然をより深く楽しみながら高尾山頂へと目指す2コースは、1号路(表参道コース)途中から登る3号路(カツラ林コース)と、4号路(つり橋コース)です。他2コースはループコース。高尾山の中腹を一周する2号路(かすみ台ループコース)と、高尾山頂の直下をぐるりと1周する5号路(山頂ループコース)です。

高尾山・1号路(表参道コース)

登山が初めの方でもそれぞれの体力や目的に応じて、お好みのコースで高尾山頂を目指せるのが魅力の一つ。高尾山特有の動物・植物・昆虫・野鳥の解説板も取り付けられており、歩いて、学んで、高尾山の自然を楽しみながら進むのもおすすめです。まだ知らない高尾山の魅力を発見できるかもしれません。

高尾山・1号路(表参道コース)「たこ杉」

高尾山開山から続く歴史を感じられる1号路(表参道コース)途中には、高尾山さる園・野草園やたこ杉(高さ37m・樹齢約450年)、春日灯篭が続く参道、男坂と女坂、高尾山薬王院、さらに眺望抜群なスポットや高尾山名物グルメまで見どころがたくさん詰まった人気のコースです。

高尾山・1号路(表参道コース)「男坂」

1号路(表参道コース)を進む先には、急な階段を登る「男坂」と緩やかな坂を上る「女坂」の二股道に分かれます。どちらの道も権現茶屋の前で合流します。男坂の階段は、百八煩悩(ひゃくはちぼんのう)の数と同じ108段。大晦日の除夜の鐘の音を聞くように、男坂を登り1年間の煩悩(心のけがれ)を洗い流してみてはいかがでしょうか。

高尾山・1号路(表参道コース)「仏舎利塔」付近

高尾山の登山コースは整備されていますが、雨などで濡れた登山道は非常に滑りやすくなっています。天候の確認と登山に適した靴や雨具などの装備をして、万全な体調で臨むことが高尾山の登山を楽しくする方法の一つです。コースタイムはあくまで参考とし、自分の体力と経験に合った無理のない余裕を持った計画を立てましょう。

■高尾山自然研究路(登山)コースマップ(外部リンク)
https://www.takaotozan.co.jp/course/

パワーを感じる神聖なスポット「高尾山薬王院」

高尾山・1号路(表参道コース)「高尾山薬王院」

高尾山薬王院(たかおさんやくおういん)は、ケーブルカー高尾山駅から進む先1号路の途中(徒歩約20分)に位置する寺院。真言宗智山派(しんごんしゅうちさんは)の大本山として、成田山新勝寺、川崎大師平間寺と並ぶ関東三大本山(かんとうさんだいほんざん)の中の一つとして知られています。高尾山薬王院の本堂に祀られているのは、様々なご利益をもたらしてくれる飯縄大権現(いづなだいごんげん)。除災開運、災厄消除、招福万来などのご利益があるお守りを入手できます。高尾山は山岳信仰や天狗信仰の霊山として強力なパワースポットとされています。

高尾山・1号路(表参道コース)「高尾山薬王院」

高尾山薬王院で参拝した後、高尾山頂を目指して日の出や富士山を拝み、気持ちを新たに一日のスタートを切るのにもふさわしい山です。

【大本山 高尾山薬王院 ご案内】
・住所:東京都八王子市高尾町2177
・営業時間:8:30~16:00(閉門)
・定休日:無休
・大本山高尾山薬王院 公式サイト(外部リンク)
https://www.takaosan.or.jp/

高尾山の四季のうつろい

高尾山は四季によって魅せる自然の表情も異なるため、シーズンを通してリピーターも多くいらっしゃいます。春には、梅の花や花桃・桜や山桜・スミレやツツジなど多くの花々を楽しめます。初夏から夏のころには、青もみじやブナの新緑が美しい森林浴を楽しめます。シーズンの中で最も人気の高い秋には、色鮮やかな紅葉を楽しみながらの山歩きは格別です。冬は富士山頂に夕日が沈むダイヤモンド富士や初日の出を望むことができるため多くの人が訪れ賑わっています。

高尾山頂

高尾山頂(標高約599m)から眺める景色は素晴らく、東京都心の超高層ビルを中心とした関東平野を見渡す大パノラマをお楽しみいただけます。お天気が良い日には富士山を中心に、丹沢山塊や南アルプスまで見渡すことができます。高尾山頂は「関東の富士見100景」に選定されています。

高尾山頂から眺める富士山

高尾山の自然が織りなす四季折々の美しさを眺め、美味しいお食事を囲みながら多くの登山者がゆっくりと楽しく過ごしていらっしゃいます。

高尾登山電鉄・ケーブルカー・2人乗りリフト

高尾山「高尾登山電鉄・ケーブルカー」

高尾山のケーブルカーは、高尾山の玄関口「高尾登山電鉄 清滝駅(きよたきえき・標高201m)」から中腹の「高尾山駅(標高472m)」間(全長1,000m・片道約6分)を往復しています。ケーブルカーの中では日本一の急勾配(最急勾配31度18分)となる路線で、登山者や観光客の足として活躍しています。

高尾山「高尾登山電鉄・ケーブルカー」

高尾登山電鉄 ケーブルカーの車両は2種類。青葉をデザインした「あおば号」と、紅葉をあしらったデザインの「もみじ号」です。どちらの車両も大きな窓から豊かな自然の景色を満喫することができます。ケーブルカー路線の景色は、春から夏にかけて青もみじや新緑に覆われ、秋には色鮮やかな紅葉など車窓から四季折々の美しい高尾山の自然をお楽しみ頂けます。

高尾山「高尾登山電鉄・2人乗りリフト」

高尾登山電鉄の2人乗りリフトは、高尾山の玄関口「山麓駅(さんろくえき・標高225m)」から中腹の「山上駅(さんじょうえき・標高462m)」間(全長872m・片道約12分)を往復しています。高尾山の自然を肌で感じながら空中散歩を楽しめます。行き帰りにケーブルカーとリフトを交互に乗る楽しみ方もおすすめです。高尾登山電鉄で高尾山の自然を感じる体験を堪能してみてはいかがでしょうか。

高尾山「高尾登山電鉄・清滝駅」

【高尾登山電鉄 ケーブルカー・リフトのご案内】
・高尾登山電鉄 ケーブルカー、リフト 時刻表(外部リンク)
https://www.takaotozan.co.jp/timeprice/
・高尾登山電鉄 公式サイト(外部リンク)
https://www.takaotozan.co.jp/

高尾山の名物グルメに舌鼓「高尾山スミカ」

高尾山は美味しいいグルメも満載! 1号路(表参道コース)途中には多くの茶屋が点在しているため、お団子やとろろそばなど高尾山名物グルメを味わえます。

高尾山スミカ「天狗焼(左)」と「高尾山チーズタルト(右)」

高尾登山電鉄のケーブルカー高尾山駅を下車したすぐ横(高尾山中腹)に佇む「高尾山スミカ」は、お土産やグルメを楽しめるスポット。「天狗焼」は天狗を型取りした甘さ控えめの黒豆あんがたっぷり詰まった和スイーツ。タルト生地の中にとろ~りとろける濃厚なチーズクリームの洋菓子「高尾山チーズタルト」など高尾山を訪れた多くの人が味わう高尾名物グルメやお土産が豊富に揃っています。

高尾山スミカ蕎麦処「とろろそば」

高尾山の名物グルメといえは「とろろそば」も大人気。駅周辺はもちろん、山の中腹から山頂までいたるところで個性豊かなとろろそばを食べることができます。コシのあるそば麺と上品な味わいのお汁を、粘りの強いとろろに絡めると絶品の美味しさです。ビタミンやミネラルが豊富で滋養強壮が良いと云われるとろろそばは山登りに最適なグルメです。高尾山の名物グルメを登山の前後に味わってみてください。
【高尾山スミカ 店舗情報】

高尾山スミカ

・住所:東京都八王子市高尾町2182
・電話番号:042-661-4151(高尾登山電鉄代表)
・営業時間:10:00~16:30(冬期は16:00)
・定休日:なし(天候等により臨時休業する場合あり)
・高尾登山電鉄「高尾山スミカ」ご案内(外部リンク):
https://www.takaotozan.co.jp/miyage/

高尾山・かすみ台(展望台)からの風景

高尾登山電鉄のケーブルカー高尾山駅を下車した先(高尾山中腹)に位置する「かすみ台(展望台)」は、関東平野を見渡せる絶景が広がります。お天気が良い日には新宿の高層ビル、スカイツリーや東京タワー、八王子・立川の市街地や横浜まで見渡すことができます。また遠方には奥秩父連山・日光連山や筑波山頂など大パノラマ風景は必見です。夏は都心の夜景を眺めながら楽しめる飲み放題・食べ放題の「高尾山ビアマウント(ビアガーデン)」になるスポットとしても大人気です。

高尾山麓の憩いスポット「TAKAO 599 MUSEUM」

TAKAO 599 MUSEUM・外観

TAKAO 599 MUSEUMは、高尾山が誇る豊かな生態系・歴史・文化などの魅力を独自性ある映像や展示で発信するミュージアム。高尾山での季節の見どころや、登山の心得・ルートの紹介、通行止め等の緊急情報など高尾山にまつわる情報などを取得できます。高尾山の新しい発見や驚きに出会えるミュージアムであり、また憩いの場として多くの登山者や観光客に親しまれています。

TAKAO 599 MUSEUM・館内

多摩産材のテーブルとイスがずらりと並ぶ休憩スペースは、飲食物の持ち込みが可能で自由に利用できるのが魅力の一つ。大きな窓から日差しが差し込み芝生を見渡せる空間で、心地よいひとときをお過ごしください。他にも本格的なコーヒーを頂ける「599 CAFE」も併設されています。

【TAKAO 599 MUSEUM (タカオ ゴーキューキュー ミュージアム)施設情報】
・所在地:東京都八王子市高尾町2435番3
・電話:042-665-6688
・開館時間:4月~11月 8:00~17:00(最終入館 16:30)、12月~3月 8:00~16:00(最終入館 15:30)
※イベントの開催等により、上記と異なる場合があります。
・年中無休(メンテナンス等による臨時休館有り)
・入館料:無料
・アクセス:京王電鉄(京王線)高尾山口駅から徒歩約4分。
・TAKAO 599 MUSEUM(高尾 599 ミュージアム)公式サイト(外部リンク):
http://www.takao599museum.jp/

高尾山のご案内

■高尾山のアクセス(外部リンク)
https://www.takaotozan.co.jp/trafic/

■高尾山ビジターセンター
・電話:0426-64-7872
・開館時間:10:00~16:00
・休館日:毎週月曜日(月曜が休日の場合火曜日)
・入館料:無料
・高尾山ビジターセンター 公式サイト(外部リンク)
https://www.ces-net.jp/takaovc/


※本ページの内容は、取材時点の情報を元に作成しています。変更される場合がありますので、ご利用の際は公式サイト(外部リンク)を事前にご確認ください。

【協力】高尾山ビジターセンター、高尾山薬王院、高尾登山電鉄、高尾山スミカ、TAKAO 599 MUSEUM
【取材・撮影】トラベルバリュー 編集部
【取材時期】2019年12月上旬
56 件

このページをシェアする

トラベルバリュー国内ツアー検索

トラベルバリュー国内ツアー検索

国内ツアー検索ならトラベルバリュー

トラベルバリュー国内ツアー検索では、北海道から沖縄まで全国各地の格安国内ツアーを最安値からテーマ・目的別で検索・比較可能。人気の日帰りバスツアーや、航空券パック、列車+ホテルパックなど、あなた好みの国内ツアーを条件を指定して検索することが出来ます。

国内ツアー検索を見る

トラベルバリュー海外ツアー検索

トラベルバリュー海外ツアー検索

海外ツアー検索ならトラベルバリュー

トラベルバリュー海外ツアー検索では、人気のハワイ、台湾、韓国、ヨーロッパ行きツアーや世界遺産旅行、鉄道旅行、秘境の旅など多彩な格安海外ツアーを最安値からテーマ・目的別で検索・比較可能。おすすめの添乗員付きツアー、一人旅ツアーや周遊ツアーも多数掲載中です。

海外ツアー検索を見る

トラベルバリュー海外オプショナルツアー検索

トラベルバリュー海外オプショナルツアー検索

海外オプショナルツアー検索ならトラベルバリュー

海外旅行先でのオプショナルツアーを探すなら、トラベルバリュー海外オプショナルツアー検索。人気の海外旅行先をはじめ世界各地の観光やグルメ、体験などさまざまな現地ツアーを最安値からテーマ・目的別で検索、比較できます。

海外オプショナルツアー検索を見る

メニューから探す