旅のご予約|宮城県

2019.1.29

桜とともに楽しみたい松島湾周辺の観光スポット

桜とともに楽しみたい松島湾周辺の観光スポット
厳しく長い冬が終わり、春の訪れとともに花開く東北の桜。なかでも宮城県は東北地方の南部に位置し、いちはやく開花を迎えます。名だたる景勝地・松島や、国宝瑞巌寺といった文化遺産、4月中旬~下旬にかけて東北の春を告げる桜など、松島湾周辺の観光スポットを紹介します。(写真:西行戻しの松公園)

このページをシェアする

< 目次 >

西行戻しの松公園

雄大な松島のパノラマとともに咲き誇る桜

景観の素晴らしさに、かの松尾芭蕉も句を残せなかったと言われている景勝地・松島。大小の島々が浮かぶ湾内の光景は、東北の自然の美しさや雄大さを感じさせます。なかでも高台にある桜の名所「西行戻しの松公園」からは、松島湾に浮かぶ大小の島々と桜を同時に堪能できます。

西行戻しの松公園 展望台からの光景

松島の桜は、例年4月中旬から5月上旬にかけて見頃を迎えます。西行戻しの松公園は、西行法師が松の大木の下で出会った童子との禅問答に敗れ、松島行きをあきらめたという由来がある場所。西行戻しの松公園の園内一帯には、約260本もの桜の木が咲き誇ります。

鹽竈(しおがま)神社

深い朱色が美しい拝殿や門

鹽竈神社は宮城の歴史ある神社です。平安時代には朝廷からの庇護を受け、その後は奥州藤原氏や伊達家からも信仰を寄せられたと言われています。桜の見頃は、例年4月下旬から5月上旬。その境内には、国の天然記念物に指定されている鹽竈桜をはじめ、約40種類もの桜が咲き誇ります。歴史ある建物とともに、気品ある桜を楽しめるのは、春の宮城の醍醐味。

淡紅色に彩られた境内

境内にはソメイヨシノやしだれ桜など、約300本以上の桜が咲きます。なかでも国の天然記念物に指定されている鹽竈桜を目当てに、例年多くの観光客が訪れます。

鹽竈神社の石段

「男坂」と呼ばれる202段もの石段がある、鹽竈神社の表参道。朱色の門手前で美しい桜が出迎えてくれます。

瑞巌寺(ずいがんじ)

瑞巌寺本堂「文王の間」

美しい景観と桜だけにとどまらない、松島の魅力。少し足をのばせば、国宝で伊達家の菩提寺でもある瑞巌寺があり、宮城の歴史や文化に触れられます。写真は、瑞巌寺本堂「文王の間」。安土桃山文化を今に伝える絢爛豪華な襖絵は、京都から絵師を招いて描かせたもの。政宗公の菩提寺にかけた意気込みが伝わってきます。

瑞巌寺本堂

平成21年(2009年)から約6年半続いた工事を終え、拝観を再開した荘厳な造りの本堂。瑞巌寺には国宝である本堂や庫裡(くり)のほかに、数々の重要文化財や洞窟遺跡群、政宗公が植えたと言われている臥龍梅(がりゅうばい)などがあります。

瑞巌寺の廊下から見えるしだれ桜

宮城県を代表する古刹の一つである瑞巌寺の廊下から眺められるしだれ桜。ゆったりと風にそよぐ様が、なんとも優美です。

一目千本桜

白石川堤一目千本桜

宮城県大河原町内を流れる白石川堤の「一目千本桜」。その名の通り、川沿いには全長8km、約1,000本もの桜並木が続きます。川沿いではソメイヨシノや白山桜、八重桜、センダイヨシノなどさまざまな種類の桜が見られます。

白石川堤

「日本さくら名所100選」にも選ばれ、開花時には多くの観光客で賑わう一目千本桜。例年4月中旬には、桜まつりや夜間ライトアップも実施されます。
※本記事は2017年の取材をもとに内容を一部更新しています。


31 件

このページをシェアする

presentトラベルバリュー・プレゼント

『はとバス東京観光 大好評の日帰りツアー無料ご招待』をプレゼント

創立70周年を迎えた「はとバス」。大人時間を彩る旅の情報サイト「トラベルバリュー」では、はとバス東京観光ツアーの中から今話題の観光地を訪れる「はとバス東京観光 大好評の日帰りツアー無料ご招待」プレゼントのご紹介をしています。
プレゼントに応募する 応募には会員登録が必要です。

トラベルバリュー国内ツアー検索

国内ツアー検索ならトラベルバリュー

トラベルバリュー国内ツアー検索では、北海道から沖縄まで全国各地の格安国内ツアーを最安値からテーマ・目的別で検索・比較可能。人気の日帰りバスツアーや、航空券パック、列車+ホテルパックなど、あなた好みの国内ツアーを条件を指定して検索することが出来ます。
国内ツアー検索を見る

メニューから記事を見る