旅のご予約|京都府

2019.8.1

【京都の禅寺と精進料理】黄檗宗大本山萬福寺と普茶料理

【京都の禅寺と精進料理】黄檗宗大本山萬福寺と普茶料理
京都府にある日本の三禅宗の一つ、黄檗宗(おうばくしゅう)の大本山・萬福寺(まんぷくじ)は境内に入ると、建物や食事など全てが大陸様式の珍しい寺院。この萬福寺では中国から伝わった精進料理・普茶(ふちゃ)料理が食べられます。他の宗派とはひと味違った、異国情緒漂う寺院と普茶料理をご紹介します。

このページをシェアする

< 目次 >

中国の僧侶・隠元禅師を開祖とする黄檗宗の大本山

寺院を悪鬼から守るインド神話の聖獣・マカラが屋根に鎮座する総門(寺院の入り口)

様々な宗派の総本山が集まる京都の中でも異彩を放つのが、宇治市にある黄檗宗大本山・萬福寺。

他の寺院と萬福寺が異なる主な理由は堂々たる佇まいの伽藍(がらん)建築や作法をはじめ、儀式やご本尊など見るもの全てから異国情緒を感じるからです。これは明朝時代に中国から渡ってきた中国人の高僧や隠元(いんげん)禅師によって開かれた宗派であることが大きく影響しています。

萬福寺の開祖・隠元禅師が今も眠る墓所

中国・福建省にある黄檗山萬福寺の住持だった隠元禅師は、後水尾法皇(ごみずのおほうおう)や徳川幕府の尊信を得て、江戸時代初期・寛文元年(1661年)に故郷の萬福寺を模した禅寺を京都・宇治に創建。

つまり萬福寺は、中国の建築様式を踏襲した寺院なのです。

その先は俗世から切り離された清浄な地が広がる、総門の次に現れる萬福寺三門

萬福寺全ての伽藍は明朝様式。並び方にも理由があり、左右対称を良しとする古代中国の思想・風水に基づいています。

この風水の考えは寺院の随所で感じられますが、その一例が履物の脱ぎ方。一般的なマナーでは靴のつま先を玄関へ向けますが、黄檗宗では玄関の両脇に靴を揃えて並べる「横づけ式」が正しいとされています。

萬福寺最大の伽藍であり、本堂にあたる大雄寶殿(だいおうほうでん)

「山門を 出れば日本ぞ 茶摘み唄」

この句は江戸時代後期の女流俳人・菊舎尼(きくしゃに)が萬福寺を詣でた時に詠んだとして知られています。参詣して寺院から出たとたん、門前の茶畑からは茶摘みの唄が聞こえて「ここは日本だった」と我に返った心情を表したもの。

萬福寺の中と外では、風景が全く異なることがよくわかる一句です。

萬福寺の仏様

弥勒菩薩の化身とされる布袋が正面に祀られている天王殿(てんのうでん)

萬福寺では天王殿に布袋、その奥の大雄寶殿に釈迦如来をお祀りしています。

一般的な寺院の参道は入り口からご本尊まで直線状に伸びていることが多いものの、萬福寺では総門を抜け、右折し左折した先に三門が現れます。参道が曲がっている理由は「知恵のある者のみが(道が曲がっていても)辿り着くことができる」という中国寺院の思想を基にしているから。

また訪れた際は参道の中央に敷かれた、龍の背の鱗を表しているとされる菱形の石にも注目してみてください。古代から中国では龍を皇帝の象徴と捉えてきたことから、この寺院では住職だけが参道の中央を歩くことが許されています。

萬福寺本堂のご本尊・釈迦如来

本堂に安置されているのはご本尊の釈迦如来。両脇には釈迦十大弟子の一人・摩訶迦葉(まかかしょう)と阿難陀(あなんだ)を従えています。

十八羅漢像の一体・羅怙羅尊者像

本堂のご本尊の周りには「悟りを得て人々の供養を受けるに値する人」を意味する「十八羅漢像(じゅうはちらかんぞう)」が安置。

全ての像は隠元禅師が中国から呼び寄せた仏師・范道生(はんどうせい)による傑作ですが、その中でもひときわ目をひくのが羅怙羅尊者(らごらそんじゃ)像。自身の胸を開いている様子に驚きますが、その胸の中にはお釈迦様のお顔が。

“仏は自分の内にある”という禅宗の教えを大胆に表現し、参拝者に広く伝えています。

食事も修行の一部

自分専用の食器・持鉢(じはつ)で食事をする。左から飯器、什器、菜器

「米の一粒、汁の一滴、野菜の一切れも粗末にしてはいけない」と教える食事も萬福寺での大切な修行の一つ。そのために、守らなければいけない作法がいくつもあります。

わざと太く作られている修行僧の箸。箸を置く時は、口を付ける部分が食卓に触れないようにする

例えば「音をたてたり会話したりすることなく、手と口だけを動かして食べること」「おかずは4人または6人で仲良く分け、きれいに残さず食べ、後始末をすること」「食前、食後には読経をして、食物へ深く感謝をすること」などがあります。

主に一般人を招いた研修の際に供される、修行僧が食す精進料理の一例(3人分)

さらに食前には、下記の五つの食事への心得「五観の偈(ごかんのげ)」を唱えます。

「ここにある食物は、計り知れない人々の苦労と神仏のご加護があったことを思って感謝します」
「立派な行いを十分にできていないのに、こうして食事をいただけることは身分不相応と自覚して頂戴します」
「美食を貪り、粗末な食事に不満をたれ、毎日の同じ食事に不平をこぼすことのないよう、正しい心で残さずいただきます」
「食物はこの体を癒やす薬だと心得ていただきます」
「この食物は、仏道の修行や自身の目標、責務を成し遂げるためにこそいただくことを誓います」

日々の食事をいただくことのありがたさを、あらためて感じます。

萬福寺でいただく中国風の精進料理

11時半ごろに開梆を打ち昼食時を知らせる萬福寺の修行僧

萬福寺での精進料理は、11時半より寺院内の黄龍閣でいただけます。

この時刻になると修行僧が斎堂を訪れ、天井からつり下げられている木製の魚・開梆(かいぱん)を力いっぱい叩きます。「コーン」と中低音が響き渡り、お昼時を境内に広く知らせるのです。

各地の寺院の本堂や法要で見かける木魚は、開梆が原型と言われています。開梆が魚の形である理由は、寝ている時も目を開けている魚の姿が修行の姿と重なるから。また開梆が口にくわえている玉は煩悩の塊とされ「魚の腹をたたくことで煩悩を吐き出す」意味もあるのだそうです。

大雄寶殿を向かって右に進むと現れる、精進料理を供する黄龍閣

提供している精進料理は、すぐそばの厨房・典座(てんぞ)で修行僧が全て手作り。その料理は「普茶料理」と呼ばれる中国風。一つの食卓に人数分の料理を大皿に盛り、取り分けていただきます。

食事は畳敷きのテーブル席(全個室)

普茶とは「普く(あまねく)大衆と茶を供にする」を表す言葉。食卓に集まった者は、身分の隔てなく平等に和気あいあいと残さずいただくことが普茶の作法です。

萬福寺・普茶料理 コースの一例

萬福寺の普茶料理の献立は、8品からなるコース仕立て。

日本の精進料理と大きく異なるのは吉野の本葛やごま油、なたね油などをたっぷりと用いて、しっかりと味付けしているところ。「雲片(うんぺん)」「油(ゆ)じ」など、中国風の各料理の呼び名も特徴的です。

野菜や煮物の盛り合わせ・筝羹の一つ、かまぼこもどき

例えば筝羹(しゅんかん)は、旬の野菜や乾物の煮物などを大皿に盛り合わせた華やかな一皿。

自家製のひろうすのほか、人参やしいたけ、こんにゃくやほうれん草を油揚げで包んだ揚げ巻き、豆腐の燻製など8品が品良く盛り付けられています。山芋を使ってかまぼこに見立てるなど、見た目にも楽しい“もどき料理”も普茶料理の特徴の一つです。

黄檗宗が発祥の胡麻豆腐

味付天麩羅・油じのひとつ、高野豆腐のアーモンド衣

揚げ物の盛り合わせ・油じは衣や素材自体に味付けされており、塩や天つゆにつけていただくことはありません。

スライスアーモンドの香ばしさと、甘めの出汁を含ませた高野豆腐が絶妙な「高野豆腐のアーモンド衣」や、昆布出汁をしっかりと感じる滋味あふれる「赤こんにゃくの天麩羅」のほか、甘く煮たリンゴが衣とよく合う「リンゴの天麩羅」など、ユニークで手の込んだ品が並びます。

日本料理の天麩羅と異なる素材の使い方は、ひと口ごとに新たな発見と面白さをもたらしてくれます。

胡麻豆腐を意味する麻腐

精進料理といえば胡麻豆腐ですが、その元祖は黄檗宗の麻腐(まふ)にあります。口の中でねっとりとまとわりつくような濃厚な食感と、胡麻のうまみと香りが十分に楽しめます。

萬福寺のコース料理の一品・鰻の蒲焼もどき(コースによって異なります)

また「もどき料理」を本格的に味わうなら、はずしたくないのが「鰻の蒲焼もどき」。

鰻の身の代わりに豆腐と山芋を使って小骨を表現するために細かく切ったゴボウを加え、鰻の皮に見立てた海苔に塗ります。そして鰻を開いたように見せるために表面に筋をつけ、油で揚げるという手間暇のかかる一品。味わってみると甘辛い味わいの中にふっくらしたやわらかな食感、そして山椒の香りを感じます。海苔が食感と味に変化をもたらし、蒲焼きを食すうえでよいアクセントとなっています。

京都を観光するならば寺院だけでなく、黄檗宗のような宗派の歴史や教えを食とともにいただく体験もまた、心身に深く刻まれる旅となることでしょう。
■黄檗宗大本山萬福寺
・住所:京都府宇治市五ヶ庄三番割34
・TEL:0774-32-3900
・料金:拝観料500円、普茶料理3,000円~※1名より要予約。最低予約人数は価格よって変動するため詳細は要問い合わせ
・営業時間:9:00~17:00(受付は16:30まで)
・アクセス:JR奈良線黄檗駅、または京阪宇治線黄檗駅から徒歩5分
・萬福寺 公式サイト: https://www.obakusan.or.jp/
取材・撮影:中河桃子
取材時期:2019年6月


47 件

このページをシェアする

presentトラベルバリュー・プレゼント

台湾プレゼント:【A】茶藝館の台湾茶とお香セット 【B】サニーヒルズのパイナップルケーキと阿里山青心烏龍茶セット

台湾プレゼント:【A】茶藝館の台湾茶とお香セット 【B】サニーヒルズのパイナップルケーキと阿里山青心烏龍茶セット

大人時間を彩る旅の情報サイト「トラベルバリュー」では、台湾プレゼント:【A】茶藝館の台湾茶とお香セット 【B】サニーヒルズのパイナップルケーキと阿里山青心烏龍茶セット のご紹介をしています。
プレゼントに応募する 応募には会員登録が必要です。

トラベルバリュー国内ツアー検索

トラベルバリュー国内ツアー検索

国内ツアー検索ならトラベルバリュー

トラベルバリュー国内ツアー検索では、北海道から沖縄まで全国各地の格安国内ツアーを最安値からテーマ・目的別で検索・比較可能。人気の日帰りバスツアーや、航空券パック、列車+ホテルパックなど、あなた好みの国内ツアーを条件を指定して検索することが出来ます。

国内ツアー検索を見る

トラベルバリュー海外ツアー検索

トラベルバリュー海外ツアー検索

海外ツアー検索ならトラベルバリュー

トラベルバリュー海外ツアー検索では、人気のハワイ、台湾、韓国、ヨーロッパ行きツアーや世界遺産旅行、鉄道旅行、秘境の旅など多彩な格安海外ツアーを最安値からテーマ・目的別で検索・比較可能。おすすめの添乗員付きツアー、一人旅ツアーや周遊ツアーも多数掲載中です。

海外ツアー検索を見る

トラベルバリュー海外オプショナルツアー検索

トラベルバリュー海外オプショナルツアー検索

海外オプショナルツアー検索ならトラベルバリュー

海外旅行先でのオプショナルツアーを探すなら、トラベルバリュー海外オプショナルツアー検索。人気の海外旅行先をはじめ世界各地の観光やグルメ、体験などさまざまな現地ツアーを最安値からテーマ・目的別で検索、比較できます。

海外オプショナルツアー検索を見る

メニューから探す