旅のご予約|東北

2019.5.13

青森ねぶた・秋田竿燈・山形花笠・仙台七夕 東北四大夏祭りの旅

青森ねぶた・秋田竿燈・山形花笠・仙台七夕 東北四大夏祭りの旅
毎年8月上旬に開催される大迫力の東北夏祭りの中から、代表的で熱気あふれる4つの祭り 「青森ねぶた祭」・「秋田竿燈まつり」・「山形花笠祭り」・「仙台七夕まつり」をすべて観賞するツアーをご紹介します。

このページをシェアする

< 目次 >

東北四大夏祭り

◆「東北四大祭り」または「東北四大祭り」とは、東北4県で毎年8月上旬に開催される下記の4つの夏祭りのこと。
2019年の開催日は次のとおり。
・「青森ねぶた祭」(青森県青森市):8月2日(金)~8月7日(水)
・「秋田竿燈まつり」(秋田県秋田市):8月3日(土)~8月6日(火)
・「山形花笠祭り」(山形県山形市):8月5日(月)~8月7日(水)
・「仙台七夕まつり」(宮城県仙台市):8月6日(火)~8月8日(木)

青森ねぶた祭

青森ねぶた祭

毎年8月2日から7日まで6日間にわたり、青森市で開催される「青森ねぶた祭」。
最大のもので、高さ約5メートル、幅約9メートルにも及ぶ巨大な武者人形の山車「ねぶた」が町中を練り歩き、「ハネト」と呼ばれる踊り手が、「ラッセラー!ラッセーラー」の掛け声と共に踊る様は圧巻。
青森の夏の風物詩、「青森ねぶた祭」は、1980年に国の重要無形民俗文化財に指定されています。

秋田竿燈まつり

秋田竿燈まつり

毎年8月3日から6日の4日間、秋田県秋田市で行われる秋田竿燈まつりは、厄よけ、みそぎ、五穀豊穣などを願う祭り。
国の重要無形民俗文化財にも指定されています。
竿燈まつりは、優れた「妙技」で観客を熱狂させるのが特徴。最大のもので「大若」と呼ばれる46個の提灯がつけられた12メートルの竿燈を、勇壮なお囃子の音と共に「ドッコイショー」の掛け声にあわせ、額、肩、平手、腰へと指し手が巧みに操る妙技は迫力満点。見事な職人芸で、人々を魅了します。

山形花笠まつり

山形花笠まつり

「山形花笠まつり」は、山形県山形市で、例年8月5日から7日の3日間、開催される山形の夏を彩る夏祭り。
「ヤッショ、マカショ」という掛け声と花笠太鼓の勇壮な音色が響きわたり、華やかに彩られた山車を先頭に、艶やかな衣装をまとい、紅花をあしらった笠を手にした踊り手たちが、山形市内のメインストリートを舞台に群舞を繰り広げます。

仙台七夕まつり

仙台七夕まつり

宮城県仙台市で毎年8月6日から8日の3日間にわたって開催される夏祭り。
古くは藩祖伊達政宗公の時代から続く伝統行事。日本古来の星祭りの優雅さと飾りの豪華絢爛さを併せ持つお祭りとして全国に知られています。仙台の目抜き通りをはじめ市内全域で、仙台七夕まつり伝統の「七つ飾り」に彩られた絢爛豪華な笹飾りが杜の都の夏を彩ります。毎年1本の大竹に、新たに手作りされた笹飾りが、各地に大小合わせて約3,000本も掲げられ、その豪華さを競い合います。

東北四大夏祭り観賞ツアー

東北四大祭りのすべてを観賞するツアーでは、 個人では確保が難しい専用観覧席が用意されているツアーもあり、夏祭りの魅力を存分に味わえます。また各地の温泉旅館に泊まって寛げるコースもあります。一度は目の前で見物し、体験してみたい東北の夏祭り。熱狂と感動の夏を味わってみませんか。
21 件

このページをシェアする

presentトラベルバリュー・プレゼント

沖縄県石垣島のフルーツショップから『石垣島フルーツセット』 プレゼント

果肉が黄金色の希少パイン「石垣島産ゴールドパイン」は、パインに適した土壌だからこそだせる上品な甘さ。樹上完熟したものだけを収穫する「石垣島産マンゴー」は濃厚な香りととろけるような甘さです。大人時間を彩る旅の情報サイト「トラベルバリュー」では、「石垣島フルーツセット」プレゼントのご紹介をしています。
プレゼントに応募する 応募には会員登録が必要です。

トラベルバリュー国内ツアー検索

国内ツアー検索ならトラベルバリュー

トラベルバリュー国内ツアー検索では、北海道から沖縄まで全国各地の格安国内ツアーを最安値からテーマ・目的別で検索・比較可能。人気の日帰りバスツアーや、航空券パック、列車+ホテルパックなど、あなた好みの国内ツアーを条件を指定して検索することが出来ます。
国内ツアー検索を見る

メニューから記事を見る