旅のご予約|海外

2020.3.13

【特別企画】高橋克典さんインタビュー ~クルーズで見つける新しい大人の旅~<後編> 

【特別企画】高橋克典さんインタビュー ~クルーズで見つける新しい大人の旅~<後編> 
日常の喧騒から離れ、たゆたう波の間で穏やかなひと時を過ごすクルーズの旅。そして、そんなクルーズを愛する俳優、高橋克典さん。彼が旅を通して見つけたクルーズの魅力について、全2回にわたりお話をうかがいました。第2回目となる今回は、クルーズならではの素晴らしい料理や優雅なひとときについて、高橋さんがおすすめするクルーズプランとあわせて紹介いただきました。 (取材・撮影場所:ザ・クルーズクラブ東京のクラブハウス、レストランシップレディクリスタル)

このページをシェアする

オーシャニア・リビエラのレストラン「トスカーナ」にて。料理の一例

■クルーズにはさまざまな魅力があると思いますが、まずは、船上で楽しんだ極上グルメについて教えてください。

高橋さん:
料理はクルーズの魅力の一つですよね。とにかくどれも美味しいし、毎回違うメニューなので、全く飽きませんでした。早起きの人にあわせたアーリーモーニングティーのサービスから朝食、昼食、夕食はもちろん、アフタヌーンティーや夜食まで揃っているところも凄いですよね。食べすぎてしまっても、ジムなどを完備している船が多いので、いい汗を流すこともできますよ。

あと、お食事をいただくシチュエーションも大切ですよね。クルーズでは、壮大な大海原で日の出を眺めながら朝食をいただいたり、優雅な管弦楽の演奏を聞きながらアフタヌーンティーを楽しんだりできます。そこにしかない特別な時間を、洗練された空間のなかで堪能できるのもクルーズならではの良さですね。
■船の中では、カルチャー講座やイベントなどもよく行われるのでしょうか。

高橋さん:
ほぼ毎日行われますしたくさんあるので、こちらも飽きることなく楽しめますよ。船によって内容は違いますが、ヨガ、ワインのテイスティング、水彩画などの講座や、現地ならではの伝統芸能、クラッシックコンサート、マジックショーなどが開催されます。イベントにすごい力を入れている船もあって、本格的ブロードウェイミュージカルが楽しめたり、シルク・ドゥ・ソレイユを観られたりできるそうです。僕もいつかシルク・ドゥ・ソレイユは観てみたいなぁ。

※2017年6月就航のMSCメラビリア(MSCクルーズ)でシルク・ドゥ・ソレイユのオリジナルショーが上演されています。

オーシャニア・リビエラのサンデッキにて

■船のなかで、高橋さんお気に入りの場所などあれば教えてください。

高橋さん:
僕のお気に入りの場所は、オーシャニア・リビエラの船首の方にあった、サンデッキのベッドでした。寝そべっていると、気持ち良い風が通り抜けるんですよ。そこで、ゆっくり読書とか出来て最高でした。船には、居心地がいいスペースがたくさんあるので、みんなほとんど部屋にいないと思いますよ。いたるところに座り心地がいい椅子やベッドが置いてあるので、そこでのんびりとした時間を楽しめます。
■他のお客さんとの交流などもありましたか。
 
高橋さん:
クルーズには、世界各国、老若男女いろんな人が乗っています。数日乗船していると、縁があるのか、色んな場所でしょっちゅう会う人もいるんですよ。そういう人とは、挨拶など、ちょっとした会話を楽しみました。

■一人で乗船される方も多いのでしょうか。

高橋さん:
多いですね。僕の乗ったクルーズは半分以上お一人様じゃないかな。船ではいろんなパーティーやイベントがたくさんあるので、一人でもすぐに顔見知りができますよ。あとは、ゆっくり一人だけの時間を満喫している方もいました。
■船内での会話や説明などは英語が多いかと思うのですが、言葉で困ったことなどはありましたか。 

高橋さん:
特にありませんでした。向こうもネイティブでない場合が多いので、話していることはなんとなく雰囲気でわかるんです。英語に関心がある方なら、クルーズの旅は意外と英語の勉強になっていいかもしれませんね。言葉の面で不安がある方は、日本人のスタッフが乗船している船もたくさんあるので、そういったものを選ぶのもいいと思いますよ。

今、高橋克典さんがおすすめのクルーズ旅とは

乗船前にベネチアの街を満喫

■クルーズだと寄港地でステイできる時間が短いこともあるかと思うのですが、もっと長く滞在していたいと思うことなどはありませんでしたか。

高橋さん:
それはクルーズによってまちまちです。長期間滞在したい場合は、そういった寄港地での停泊が長いクルーズを選ぶのも手ですね。僕はベネチアのクルーズの際、3日前に現地に行ってそこでの観光を満喫しましたので、工夫次第だと思いますよ。

■船上では、ゆったりした旅を楽しめる印象ですが、実際はいかがでしたか。

高橋さん:
荷物をまとめたり開いたりする必要がないですし、移動も船でできるので、休日のような穏やかな時間を楽しめます。いろんな人と交流するもよし、カルチャー講座などで自分磨きをするもよし、プールサイドでゆったり読書するもよし。人それぞれ自分にあった楽しみ方ができるのもクルーズの魅力ですね。

■今、高橋さんが気になっているクルーズがあれば教えてください。

高橋さん:
いろいろありますが、カリブ海をめぐるディズニーのクルーズには子供を連れて行ってみたいですね。ディズニーキャラクターが登場するショーやエンターテインメントが充実していて、また家族で楽しめるプールやレストラン、施設が何種類もあるのはもちろん、託児所や、大人専用のプール、バー、スパやサロンがあるので、大人でも十分に楽しめると思います。

「セレブリティ・エッジ(2018年12月就航予定)」という船にも乗ってみたいです。この船の脇には可動式のオープンデッキがついているのですが、そこで食事を楽しんだり、海のすぐ近くまで降りてテンダーボート(小型ボート)へ乗り換えるためのステーションとして利用できるそうなんです。これはかなり気になりますね。
あと、風の力で進む帆船の旅もしてみたいです。帆船は、大型客船に比べて海を間近に感じられるところがいいですね。マストに登ったり、帆を張ったりできるのも船旅らしくて憧れます。

寄港地ギリシャのロードス島にて

■様々な船があるのですね。では、高橋さんおすすめの「クルーズの旅」はありますか。

高橋さん:
クリスマスのヨーロッパを巡るクルーズや、地中海の島々をたずねるクルーズ、アフリカのチョベ川をザンベジクイーンという船でめぐるサファリクルーズなどがおすすめですね。あと、日本船でもいいクルーズがたくさんあります。種子島や屋久島をまわるクルーズも魅力的ですし、青森のねぷた祭りや秋田県の竿燈祭りなど夏の東北のお祭りをめぐるクルーズなんていうのも、いいんじゃないでしょうか。ねぷた祭り最終日に青森湾を海上運行する「ねぷた」や、大輪の花火を船上から眺められるのはクルーズならではの良さですし、宿泊場所を気にせず観光を楽しめるところも嬉しいポイントですね。

高橋克典さん流 クルーズの楽しみ方とは

サントリーニ島

■ツアーを選ぶ際に、気をつけた方がいいことがあれば教えてください。

高橋さん:
要素としては、船、航路、プラン、季節や期間の組み合わせで決めます。あとは、個人の価値観によるものが大きいかもしれませんが、英語に不安がある人は日本人スタッフが常駐しているクルーズや旅行会社のパッケージツアーを選んだり、シャワーが好きでない場合はバスタブがついている部屋を選ぶとか、変わり種ですが大浴場付きの船にしたりするのもいいですね。

外国船クルーズでも観光シーズンには特別に日本人の船内スタッフやコーディネーターが乗船する航路がたくさんありますので、その中から選ぶのもいいかもしれません。日本人スタッフ達は乗船経験も豊富でベテラン揃いなので、クルーズ会社の代理店へ「日本人スタッフが乗船するツアーはいつですか」と聞いてみるのも良いでしょう。クルーズ中は日本人スタッフが丁寧に船内のプランや寄港地での楽しみ方を紹介してくれます。

レディクリスタルのデッキにて

■ありがとうございました。昔は、バックパック一つで旅に出るのがお好きとのことでしたが、年齢を重ねるにつれて旅に求めるものは、変わりましたか。

高橋さん:
変わりましたね。昔は、なんでも体験しようとプランを立てない行き当たりばったりの旅を楽しんでいましたし、それが自分の糧になった気がします。今は、リラックスしながら、歴史や文化を再発見できる旅に魅力を感じますね。
■最後に、高橋さんにとってクルーズとは何か教えてください。

高橋さん:
人生のご褒美です。2、3日のものならまだしも、長期のクルーズとなるとある程度まとまった休みがないといけませんし。いろいろ頑張ってきた、そのご褒美ってところかな。美食に唸ったり、大海原を眺めながら地球儀のここらへんにいるのかな、と思いを馳せたり、寄港地で専門家の解説を聞きながら参加者同士意見を交わしたり、これまでと違った形で旅を楽しめる、人生の新しい楽しみですね。

【インタビューに出てきたクルーズ船】

セレブリティ・エッジ(イメージ)

■セレブリティ・エッジ(セレブリティクルーズ)
コンセプトは「モダンラグジュアリー」。世界的に有名なインテリアデザイナーや建築家とパートナーシップを結び、これまでにない上品で未来的な空間を作り上げました。一番特徴的なのは、船体の片側に大きく突き出た全長約30mの可動式オープンデッキ「マジックカーペット」。この他にも、庭園のようなルーフトップガーデンや、ベランダ部分を客室と一体化させたようなインフィニットベランダなどこれまでにない驚きが溢れているクルーズシップです。
■MSCメラビリア(MSCクルーズ)
2017年6月に就航した、MSCメラビリア。この船では、他には無い独自の洋上エンターテインメントを堪能できます。毎晩2回、週6日、MSCメラビリアの為に特別に制作された、シルク・ドゥ・ソレイユの2種類のパフォーマンスとお食事又はカクテル(有料)を楽しめるほか、4種類ものウォータースライダーがあるウォーターパーク、バーチャルリアリティレースなどエキサイティングな施設が充実しています。また、エレガントな雰囲気の地中海料理を楽しめるメインダイニングをはじめ、世界の極上肉を味わえるステーキハウスや、寿司バーなど、食通を唸らすメニューを堪能できます。
■ディズニー・ファンタジー/ディズニー・ドリーム(ディズニー・クルーズライン)
優雅なアールデコ調とディズニーらしさが融合した親しみやすいデザインが特徴的の客船。透明チューブが海上に突き出したスリリングなウォータースライダーや、ディズニーキャラクターにちなんだ施設など見どころ満載です。バハマにあるディズニーのプライベートアイランド「キャスタウェイ・ケイ」のプライベートビーチでゆっくりとした時間を過ごせるのも魅力的。子供から大人まで至福の時間を過ごすことができます。

ザ・クルーズクラブ東京 エントランス

取材・文:立岡美佐子(effect)
編集:山葉のぶゆき(effect)
撮影:渡部孝弘
取材協力:ザ・クルーズクラブ東京
※このインタビューの内容は2017年11月時点のものです。
32 件

このページをシェアする

トラベルバリュー国内ツアー検索

トラベルバリュー国内ツアー検索

国内ツアー検索ならトラベルバリュー

トラベルバリュー国内ツアー検索では、北海道から沖縄まで全国各地の格安国内ツアーを最安値からテーマ・目的別で検索・比較可能。人気の日帰りバスツアーや、航空券パック、列車+ホテルパックなど、あなた好みの国内ツアーを条件を指定して検索することが出来ます。

国内ツアー検索を見る

トラベルバリュー海外ツアー検索

トラベルバリュー海外ツアー検索

海外ツアー検索ならトラベルバリュー

トラベルバリュー海外ツアー検索では、人気のハワイ、台湾、韓国、ヨーロッパ行きツアーや世界遺産旅行、鉄道旅行、秘境の旅など多彩な格安海外ツアーを最安値からテーマ・目的別で検索・比較可能。おすすめの添乗員付きツアー、一人旅ツアーや周遊ツアーも多数掲載中です。

海外ツアー検索を見る

トラベルバリュー海外オプショナルツアー検索

トラベルバリュー海外オプショナルツアー検索

海外オプショナルツアー検索ならトラベルバリュー

海外旅行先でのオプショナルツアーを探すなら、トラベルバリュー海外オプショナルツアー検索。人気の海外旅行先をはじめ世界各地の観光やグルメ、体験などさまざまな現地ツアーを最安値からテーマ・目的別で検索、比較できます。

海外オプショナルツアー検索を見る

メニューから探す