ページスクロールナビ

美食の里でいただく奥飛騨の恵み

美食の里でいただく奥飛騨の恵み

北アルプスからの清水と豊富な湯量の温泉、清々しい空気が満ちている飛騨。飛騨のグルメと言えば、きめ細やかな霜降りの「飛騨牛」を思い浮かべる人が多いはず。いっぽう、知る人ぞ知る奥飛騨・平湯の名物として挙げたいのは、スッポンや鯉。秋や春の山菜シーズンにあわせて、山からの恵みを存分に取り込んだ「美食」を堪能しに訪れてみたい。

2016.09.14

奥飛騨山荘 のりくら一休(岐阜県高山市)

奥飛騨山荘 のりくら一休(岐阜県高山市)

温泉街から少し高台にあがった、森に隣接する温泉宿。古民家風の趣ある建物へ一歩足を踏み入れると、人情味あふれる主人と女将が迎え入れてくれる。近くの養殖場や養魚場から仕入れた新鮮なスッポンや鯉、そして主人自ら裏山に採りにいく山菜など、奥飛騨の名物食材をコースで堪能できる。

1.鮮度抜群のスッポン

2.良質なコラーゲンの塊

3.清らかな天然水育ち

4.こだわりの蕎麦とつゆ

5.旬菜を独自の調理法で

6.宿の裏山は食の宝庫

穂高荘 山(さん)がの湯(岐阜県高山市)

穂高荘 山(さん)がの湯(岐阜県高山市)

100年以上の歴史を持つ、伝統ある奥飛騨の温泉旅館。カルビ鉄板焼きやステーキ重など様々なメニューでの飛騨牛をはじめ、飛騨の伝統食材を用いた料理や椀もいただける。

1.飛騨牛コース

2.肉本来のうまみを堪能

3.飛騨ならではの食材

4.飛騨のご当地料理

5.豊富な飛騨牛メニュー

6.個室でゆったりと食事

日根野美術館(岐阜県飛騨市)

日根野美術館(岐阜県飛騨市)

飛騨古川の古い街並みに溶け込む、書院造りの建物で女性オーナーが営む小さな美術館兼カフェ。横山大観や川合玉堂などの日本画をはじめ、陶磁器や蒔絵(まきえ)などのコレクションが並ぶ。骨董品の数々に囲まれながらいただく、オーナーお手製の繊細な味付けの料理は格別。

1.料理を盛る器にも注目

2.50年前のレシピを再現

3.日本庭園を愛でながら

4.希少な美術品たち

5.和の様式美を観賞

6.食と美でのおもてなし

この特集で紹介したエリア&スポット

  • お食事

※地図上のアイコンをクリックすると、右の該当するスポットが反転します。
※本ページの内容は、取材時点の情報を元に作成しています。最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。

奥飛騨山荘 のりくら一休

1.奥飛騨山荘 のりくら一休お食事

穂高荘 山(さん)がの湯

2.穂高荘 山(さん)がの湯お食事

日根野美術館     

3.日根野美術館     お食事

ギャラリー・ピックアップ

今回の旅の見どころをダイジェストでご紹介します。

ムービー (1分49秒)