ページスクロールナビ

伝統とモダン、多国籍の融和 台北美食探訪

伝統とモダン、多国籍の融和 台北美食探訪

小籠包のお店や屋台での軽食など、時間や費用をかけずに手軽に食べられるグルメのイメージが先行する台湾料理。一方で「ミシュランガイド 台北」が2018年から出版されるなど、台湾の食事情は近年多様化の一途をたどっている。なかでも注目は伝統的な台湾料理に、ヨーロッパや日本を含むアジア各地の料理の特色を取り入れたモダンなフュージョン系台湾料理。台湾・台北を旅行するなら、複数の国を連想させ五感を刺激するような新たな台湾美食も試してみたい(写真:鈺善閣)

2019.07.16

アートのような養生懐石料理・鈺善閣

アートのような養生懐石料理・鈺善閣

「ミシュランガイド 台北」2019年版にも紹介された養生懐石料理のレストラン。彩り鮮やかな無農薬野菜をふんだんに用いた、懐石スタイルの本格的な台湾素食(ベジタリアンフード)が堪能できる。和食やフレンチ、イタリアンの技法を取り入れた料理は盛り付けも美しく、まるで皿に描かれた絵画のよう。

1.色彩豊かな「素食」

2.繊細さが際立つ前菜

3.蘭の花と供される小鉢

4.レタスの食感も楽しい

5.季節の果実と甘いもの

6.大人の宴時間を演出

シャンパンに合う新しい台湾料理・富錦樹台菜香檳

シャンパンに合う新しい台湾料理・富錦樹台菜香檳

伝統的な台湾料理に和食やフレンチのエッセンスを散りばめてアレンジした、新感覚の創作台湾料理が味わえるレストラン。コンセプトは“シャンパンに合う台湾料理”。厳選した素材で油を控えて調理するヘルシーな料理と、シャンパーニュとのマリアージュを堪能したい。

1.表のテラス席でランチ

2.ソースで味わうゆで鶏

3.白米に合う人気の一品

4.極上の豚バラ肉の角煮

5.台湾風ビーフン

6.昼と夜で趣が変わる

景観とともに味わう台湾懐石料理・松園禅林

景観とともに味わう台湾懐石料理・松園禅林

台北中心部から車で北に約40分の郊外に広がる陽明山国家公園。その山腹にある隠れ家的な一軒家レストランで「ミシュランガイド 台北」にも、2018年から2年連続で紹介された。メニューは季節替わりのコース料理(全8品)1種類のみ。日本の懐石料理にヒントを得た極上の台湾創作料理は、わざわざ足を延ばして出かける価値がある。

1.広大な庭園を眺めて

2.台湾山海の盛り合わせ

3.豪快な台湾風の肉料理

4.滋味豊かなスープ

5.締めの台湾式スイーツ

6.畳のお座敷でくつろぐ

この特集で紹介したエリア&スポット

  • お食事

※地図上のアイコンをクリックすると、右の該当するスポットが反転します。
※本ページの内容は、取材時点の情報を元に作成しています。最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。

鈺善閣

1.鈺善閣お食事

富錦樹台菜香檳

2.富錦樹台菜香檳お食事

松園禅林

3.松園禅林お食事

ギャラリー・ピックアップ

今回の旅の見どころをダイジェストでご紹介します。

ムービー (1分25秒)

フォト (全22枚)