ページスクロールナビ

大地からの恵みをいただく越前の食と酒

かつて海の幸を朝廷に献上していたことから御食国(みけつくに)と呼ばれた福井県。この地には絶好の漁場であるリアス式海岸や越前の緑豊かな山々、清らかな水など、山海の自然がもたらす多彩な食材が揃う。禅の教えとともに根付いた精進料理の精神ともに、素材本来の味わいを活かした旬の美味しさを存分に堪能したい。
(写真:豆腐田楽/開花亭 sou-an)

2016.04.25

開花亭 sou-an(そうあん)(福井市中央)

開花亭 sou-an(そうあん)(福井市中央)

福井が誇る海の幸、山の幸をふんだんに取り入れたモダンな懐石料理をスタイリッシュな空間でいただけるお店。特に「野菜かいせき」は女性に人気のコース。春は菜の花やコゴミ、タケノコなど季節を感じさせる野菜をたっぷりと使用し、席上で歓声があがるような、見た目にも美しい盛り付けでテーブルを演出する。

(写真:お野菜パフェ※ある日のメニュー。料理は日替わり)

1.明るい店内でランチ

2.三色の豆腐田楽

3.春らしい筍山椒焼き

4.お野菜パフェ

5.大人の会食が似合う2F

6.和モダンな店構え

團助(だんすけ)(吉田郡永平寺町)

團助(だんすけ)(吉田郡永平寺町)

創業明治21年。永平寺御用達として精進料理の根幹をなす、ごま豆腐を作り続けている専門店。2代目が永平寺の修行僧から手ほどきを受けたという秘伝の製法を守り、霊峰・白山の地下水と特注のごま、そして本葛で練り上げた逸品は、芳醇な香りとなめらかな舌触り、こくある味に驚かされる。

(写真:手前は黒ごまどうふ。奥は白ごまどうふ)

1.雲水セット膳

2.ごまどうふ入りぜんざい

3.名物の生ごまどうふ

4.面白い製造工程の展示

5.永平寺御用達の証

6.街道沿いの直営店

アトリエ菓修(吉田郡永平寺町)

アトリエ菓修(吉田郡永平寺町)

永平寺の門前町にある洋菓子店。パティシエである店主はスイスで洋菓子の基本を学び、パリの名門ホテル「プラザ・アテネ」でパティシエの研鑽を積んだ菓子職人。確かな腕前で作り上げるケーキは県内外から高い支持を得ており、名物のアップルパイは売り切れ必至のご当地スイーツ。

1.艶やかなアップルパイ

2.喫茶エリアでいただく

3.パイ生地と果肉の饗宴

4.色とりどりのケーキも

5.お蕎麦もいただける

6.新たなご当地スイーツ

幸家 フォレ・マンジェ(吉田郡永平寺町)

幸家 フォレ・マンジェ(吉田郡永平寺町)

豆腐やごま豆腐の製造メーカー直営の豆腐創作料理レストラン。白山の伏流水と厳選した大豆や胡麻、葛を使った豆腐やごま豆腐が自慢。レストランでは地元で栽培された有機低農薬の食材を使用。特にご飯は同店で手作りしている豆腐の搾り汁で炊いた特製だ。

(写真:幸家のもてなし御膳5,940円)

1.禅の精進御膳

2.精進御膳

3.併設の販売エリア

4.多彩な大豆食品を販売

5.窓の外に広がる竹林

6.小高い丘の上の店舗

田邊(たなべ)酒造(吉田郡永平寺町)

田邊(たなべ)酒造(吉田郡永平寺町)

九頭竜川の清冽な伏流水で醸される、清らかな口当たりの中に感じられる力強い味わいが特長の蔵元。この蔵ならではの酒を造り続けて100余年、和釜での酒米蒸しや木槽搾りなど昔ながらの製法を守りぬくことで、雑味のない極上の一滴にこだわっている。

1.梅酵母使用の銘柄も

2.海外からも高評価

3.極上の一滴のために

4.酒造自慢の銘柄が並ぶ

5.酒の旨味がたっぷり

6.趣のある蔵構え

この特集で紹介したエリア&スポット

  • お食事

※地図上のアイコンをクリックすると、右の該当するスポットが反転します。
※本ページの内容は、取材時点の情報を元に作成しています。最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。

開花亭 sou-an

1.開花亭 sou-anお食事

團助(だんすけ)

2.團助(だんすけ)お食事

アトリエ菓修

3.アトリエ菓修お食事

幸家フォレ・マンジェ

4.幸家フォレ・マンジェお食事

田邊(たなべ)酒造

5.田邊(たなべ)酒造お食事