時音の宿 湯主一條

  • 湯主一條の個室料亭 匠庵

鎌先温泉(宮城県)時音の宿 湯主一條

    • 湯主一條の正面玄関

      宮城県白石市の情緒あふれる、鎌先(かまさき)温泉街。その坂道を登ったところにある大きな木造4階建ての建物が「湯主一條」。木造本館棟・湯向棟と土蔵が国登録有形文化財に指定され、開湯は1428年、創業約600年の老舗旅館。

    • 湯主一條の玄関

      湯主一條の玄関に置かれている美しい生花が宿の"おもてなし"の精神を象徴するかのよう。

    • 湯主一條の露天風呂付き客室・一條スイート

      和室、洋室、和洋室、スイートなど8タイプの客室がある湯主一條。写真は広さ100㎡の開放感溢れる和風モダンな客室「一條スイート」。露天風呂付きで天井が高く壁紙に地元白石の和紙を使うなど、贅を凝らしたつくり。

    • 湯主一條の和室10畳間

      写真はリピーターに人気の和室10畳間で、畳には床暖房の入り冬は暖かく過ごせる。窓からは温泉街と国登録有形文化財に指定された木造本館が見え、歴史を感じさせる佇まいに、まるで大正時代にタイムスリップしたかのような気分になる。

    • 湯主一條の会席料理・森の晩餐

      国登録有形文化財に指定された湯主一條の木造本館棟と湯向棟が「個室料亭 匠庵(しょうあん)」。ここでいただく会席料理「森の晩餐」。落ち着いた和の雰囲気の中で、彩り豊かな料理と東北の美酒を心ゆくまで堪能できる。

    • 湯主一條の会席料理

      厳選された旬の食材を取り入れた料理が、大切な人との素晴らしい時間を演出する。メインの焼き物と鍋物は肉か魚を選べる心遣いも嬉しい。

    • 湯主一條の個室料亭匠庵へ続く廊下

      そこを行き交った旅人たちの足音が聞こえそうな、「個室料亭 匠庵(しょうあん)」へと続く廊下。長い時間によって磨かれたその美しさから、「美の回廊」とも呼ばれている。

    • 湯主一條のラウンジ

      湯主一條の落ち着いた雰囲気のラウンジ「都路里(つじり)」は洗練された雰囲気が特徴的だ。

    • 湯主一條の露天風呂付大浴場

      春は新緑、夏は青葉、秋は紅葉、冬は雪化粧…。湯主一條の露天風呂付大浴場からは、四季折々に移り変わる景色を眺めることができる。

    • 湯主一條の薬湯

      かつてはかの伊達政宗も訪れたという薬湯(やくとう)。傷、やけどなどを癒やし、美肌効果もあると言われている。

※本ページの内容は、2016年5月の取材内容を元に作成しています。最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。