ページスクロールナビ

英虞湾のほとりで真珠アクセサリー作り体験

英虞湾のほとりで真珠アクセサリー作り体験

波が静かなリアス式海岸で、真珠養殖が盛んな地としても知られる志摩半島。ユニークなのは、真珠を使ったアクセサリー作りが体験できる工房を併設している養殖場の存在。三重を訪れた旅の思い出作りとして、世界に1つだけの宝物を手作りしてみてはいかがだろう。
(取材協力:真珠の里)

2016.03.29

    • 今回の体験の場となったのは、目の前に英虞湾をのぞむ真珠の養殖場兼工房の「真珠の里」。

      今回の体験の場となったのは、目の前に英虞湾をのぞむ真珠の養殖場兼工房の「真珠の里」。

    • 作業の前には、アコヤ真珠の生態や英虞湾についての興味深い話を聞く時間が設けられている。

      作業の前には、アコヤ真珠の生態や英虞湾についての興味深い話を聞く時間が設けられている。

    • 真珠の微妙な色の違いは、貝の内側の模様によって決まる。

      真珠の微妙な色の違いは、貝の内側の模様によって決まる。

    • 大きさや色の違いがよくわかる、真珠のサンプルを使った説明。

      大きさや色の違いがよくわかる、真珠のサンプルを使った説明。

    • 繊細な手作業である核入れの仕方を、立体的なサンプルで説明。

      繊細な手作業である核入れの仕方を、立体的なサンプルで説明。

    • 今回の体験では、アコヤ貝から真珠を取り出す体験からやらせていただくことに。真珠養殖一筋のご主人が、アコヤ貝の網を海から引き揚げる。

      今回の体験では、アコヤ貝から真珠を取り出す体験からやらせていただくことに。真珠養殖一筋のご主人が、アコヤ貝の網を海から引き揚げる。

    • 真珠を取り出す貝を選ぶ。どんな真珠が取れるかは運次第。

      真珠を取り出す貝を選ぶ。どんな真珠が取れるかは運次第。

    • 専用のナイフを使って貝を開く。期待が膨らむ瞬間だ。

      専用のナイフを使って貝を開く。期待が膨らむ瞬間だ。

    • 真珠の色や大きさ、形は貝によってさまざま。まさに“世界に一つだけ”のアクセサリーを作るのにふさわしい「天然素材」。

      真珠の色や大きさ、形は貝によってさまざま。まさに“世界に一つだけ”のアクセサリーを作るのにふさわしい「天然素材」。

    • 体験の先生役である奥様から「なかなかいい色ツヤしている」とほめられた真珠を、傷つけないよう慎重に取り出す。

      体験の先生役である奥様から「なかなかいい色ツヤしている」とほめられた真珠を、傷つけないよう慎重に取り出す。

    • 取り出した真珠は始めにしっかりと塩もみをし、ぬめり気を取る。

      取り出した真珠は始めにしっかりと塩もみをし、ぬめり気を取る。

    • 乾いた布で磨いて、さらなる光沢を引き出す。ここで真珠の取り出し体験自体は終了。

      乾いた布で磨いて、さらなる光沢を引き出す。ここで真珠の取り出し体験自体は終了。

    • 取り出した真珠をアクセサリーにすべく、自身のセンスで装飾を選ぶ。

      取り出した真珠をアクセサリーにすべく、自身のセンスで装飾を選ぶ。

    • さきほど取り出したのと同じような大きさの真珠をお借りし、台座に合わせてみて、好みのデザインを選び出す。

      さきほど取り出したのと同じような大きさの真珠をお借りし、台座に合わせてみて、好みのデザインを選び出す。

    • 真珠と装飾を接着するため、穴を空ける位置に印を付ける。

      真珠と装飾を接着するため、穴を空ける位置に印を付ける。

    • 台座側に付けるのをイメージしつつ、真珠の色や光沢がくすんでいる場所を探して、そこに穴を空ける。

      台座側に付けるのをイメージしつつ、真珠の色や光沢がくすんでいる場所を探して、そこに穴を空ける。

    • ピンセットを使って、穴開け機上で真珠と穴開け用の針を位置合わせ。

      ピンセットを使って、穴開け機上で真珠と穴開け用の針を位置合わせ。

    • 印をつけた場所に針を合わせ、ためらわずに思いきりよく穴を開けていく。

      印をつけた場所に針を合わせ、ためらわずに思いきりよく穴を開けていく。

    • 穴の深さを奥様がチェック。一発で決めることが綺麗に作るコツ。

      穴の深さを奥様がチェック。一発で決めることが綺麗に作るコツ。

    • 真珠に開けた穴の中に、はみ出さないよう慎重に接着剤を塗る。

      真珠に開けた穴の中に、はみ出さないよう慎重に接着剤を塗る。

    • 台座にも接着剤を塗る。接着剤が乾かないように素早い作業が必要とされる。

      台座にも接着剤を塗る。接着剤が乾かないように素早い作業が必要とされる。

    • 指で適度におさえて台座に真珠を取り付ければ、完成まであと少し。

      指で適度におさえて台座に真珠を取り付ければ、完成まであと少し。

    • 接着剤が乾くまで約10分ほど待てば完成。鏡を借りてその場で身に付けてみる。

      接着剤が乾くまで約10分ほど待てば完成。鏡を借りてその場で身に付けてみる。

    • 真珠の取り出しから完成まで約1時間、世界に1つだけの真珠アクセサリーが完成。

      真珠の取り出しから完成まで約1時間、世界に1つだけの真珠アクセサリーが完成。

今回の体験内容

※体験の各工程での所要時間は目安です。開始時刻や当日の混雑状況、追加の作業などによって異なる場合があります。
※紹介している内容は2016年2月時点のものです。体験内容の詳細や予約は、店舗に直接お問いあわせください。

自らの手で真珠の取り出しから始めるアクセサリー作り

英虞湾の穏やかな内海と山に囲まれた、真珠養殖60年の山本水産有限会社3代目のご夫婦が切り盛りする真珠養殖場。併設の工房で真珠のできるまでの過程を教えていただき、さらにアコヤ貝からの真珠取り出しからやってみたのが、今回の「真珠アクセサリー作り」体験。

ギャラリー・ピックアップ動画

今回の体験の見どころをダイジェストでご紹介します。

真珠アクセサリー作り体験(動画再生時間49秒)