新着情報

TEAM SANT第18回舞台公演「六月の赤い空~日の立ちのぼる街~」」

2017.6.10

茨城県

昭和20年(1945年)6月、茨城県日立市のとある町の集会室。明後日の慰労会にのぞむため、町の合唱隊「ヒタチライジングサンクワイヤーズ」の面々は、工場での挺身勤労を済ませ、すっかり耳慣れた警報を聞きながら今日も賑やかに稽古にやって来る。東京の大空襲ののち、連合軍の標的は地方都市に向けられたが、その日の朝も、窓から見える日立の空は吸いこまれるほどに青いおだやかな色だった…。

八戸三社大祭

2017.7.31 ~ 2017.8.4

青森県

八戸三社大祭は約290年前から行われている神輿行列が起源。やがて商人による山車行列がつき、神楽、虎舞、駒踊り、笹の葉踊といった地域の郷土芸能がすべて揃う八戸地方最大の真夏を彩るイベントだ。その様子はまるで絵巻物と言える。特にまばゆい豪華絢爛な大きな27台の山車は、神話・伝説・歌舞伎等を題材に細部までこだわり、からくりで高くせり上がり豪華さを増した山車は圧巻。東北の真夏を思う存分に楽しめる。

新着情報をもっと見る

本日のイベント

角館の桜まつり

2017.4.20 ~ 2017.5.5

秋田県

弘前公園、北上展勝地と共に「みちのく3大桜名所」と言われる角館の桜。角館の桜は、全長2km、約400本の桜が川沿いを豪華なトンネルで彩る桧木内川堤のソメイヨシノと、歴史の深い約400本のシダレザクラが美しい武家屋敷通りの二か所で楽しめる。祭りの期間中はライトアップや、出店の他郷土芸能(飾山囃子)の披露など様々なイベントも開催される。

弘前さくらまつり

2017.4.22 ~ 2017.5.7

青森県

華やかな桜が老松の緑と見事なコントラストを描き、弘前公園中で美しく咲き競いあう。人々は、その桜の下で花に酔い、酒に酔い、津軽の春を満喫。夜になれば特別照明に照らされた桜が、お城を巡る濠の水面に浮かび、幻想的な風情を醸しだし、その美しさは訪れる人々を魅了する。新たに本丸に設置された展望台からは、天守曳屋後の今しか見ることのできない背景に岩木山写る弘前城の眺めを堪能することができる。

第52回 江南藤まつり

2017.4.20 ~ 2017.5.7

愛知県

尾張の古刹曼陀羅寺の隣、藤の名所「曼陀羅寺公園」で開催される。早咲きから遅咲きまで、紫色はもちろん紅色や白色まで、長く優雅な花房から、短く可憐なものまで12種類約60本の藤が咲き誇る。期間中はライトアップ(18:30~21:00)が行われ、幻想的な風景が楽しめる。江南市縁の7人の戦国武将行列、嫁見まつりなど各種イベントが開催される。

本日のイベントをもっと見る

今週末のイベント

角館の桜まつり

2017.4.20 ~ 2017.5.5

秋田県

弘前公園、北上展勝地と共に「みちのく3大桜名所」と言われる角館の桜。角館の桜は、全長2km、約400本の桜が川沿いを豪華なトンネルで彩る桧木内川堤のソメイヨシノと、歴史の深い約400本のシダレザクラが美しい武家屋敷通りの二か所で楽しめる。祭りの期間中はライトアップや、出店の他郷土芸能(飾山囃子)の披露など様々なイベントも開催される。

弘前さくらまつり

2017.4.22 ~ 2017.5.7

青森県

華やかな桜が老松の緑と見事なコントラストを描き、弘前公園中で美しく咲き競いあう。人々は、その桜の下で花に酔い、酒に酔い、津軽の春を満喫。夜になれば特別照明に照らされた桜が、お城を巡る濠の水面に浮かび、幻想的な風情を醸しだし、その美しさは訪れる人々を魅了する。新たに本丸に設置された展望台からは、天守曳屋後の今しか見ることのできない背景に岩木山写る弘前城の眺めを堪能することができる。

第52回 江南藤まつり

2017.4.20 ~ 2017.5.7

愛知県

尾張の古刹曼陀羅寺の隣、藤の名所「曼陀羅寺公園」で開催される。早咲きから遅咲きまで、紫色はもちろん紅色や白色まで、長く優雅な花房から、短く可憐なものまで12種類約60本の藤が咲き誇る。期間中はライトアップ(18:30~21:00)が行われ、幻想的な風景が楽しめる。江南市縁の7人の戦国武将行列、嫁見まつりなど各種イベントが開催される。

今週末のイベントをもっと見る

季節のおすすめ