旅のご予約|東京都

2017.10.18

新幹線のファーストクラス「グランクラス」に乗車する優雅な旅

新幹線のファーストクラス「グランクラス」に乗車する優雅な旅
新幹線のファーストクラスと呼ばれる「グランクラス」は、従来のグリーン車よりもゆとりがあり、リラックスできる上級車両です。専任のグランクラスアテンダントがきめ細かなサービスで迎えてくれる、これまでにない特別なサービスが魅力であり、乗り心地も快適で満足度も高いと話題になっています。「グランクラス」の車内は、1人掛け+2人掛けの3席のシートが6列並び定員はわずか18名。上質でとても落ち着きがある空間です。現在では北海道新幹線H5系(2016年3月開業)、東北新幹線E5系「はやぶさ」(2011年3月開業)他「はやて」「やまびこ」「なすの」の一部列車、北陸新幹線E7系/W7系(2015年3月開業)「かがやき」「はくたか」「あさま」にグランクラス車両が連結されています。 新幹線の上級車両「グランクラス」に乗車して思い出深い特別な旅をしてみてはいかがでしょうか。 (写真:北海道新幹線H5系「はやぶさ」パープルライン)

このページをシェアする

高い快適性を実現した定員わずか18名のシート

北海道新幹線・東北新幹線 グランクラスBC列席

グランクラス車両の本革表地のシートは、飛行機のファーストクラスや自動車の座席開発などで実績のある、世界的に有名なシートメーカーとのコラボにより、従来の常識を覆すシートが誕生しました。

バックシェルタイプの「電動式リクライニングシート」は、リクライニング角度が45度にもなり、後ろの席に気兼ねすることなく、のびのびとシートを倒すことが出来ます。包み込まれるような居心地の良さであり座り心地も抜群です。シートピッチも広く、足元スペースにもゆとりがあります。窓側の席ですと、お手洗いなどに行くのを思い留まってしまいがちですが、このゆとりならば、そんな心配もないかと思います。

これまでの新幹線車両には見られなかった様々な機能が搭載されたシート周辺には、”電動レッグレスト”や”電源用コンセント”アテンダントを呼ぶための”コールボタン”などが設置。テーブルは座席の横から出てきて広々と使えますので、快適性・機能性を徹底的に追求されています。その他、各種アメニティグッズのご用意や新聞・雑誌・時刻表の貸し出しなどもあります。

これまでにない特別なサービスが魅力

フリードリンクのサービス(イメージ)

グランクラス車両では、お客様に静かな空間で過ごして頂くために車内販売がありません。グランクラスに乗車したお客様だけの特別なサービスが魅力である、軽食とフリードリンクのサービスが受けられます。(一部の列車を除く)軽食は季節ごとにメニューが変わりますが、和軽食と洋軽食の2種類から選ぶことができます。また軽食と併せて、おつまみと茶菓も提供されます。

※和軽食は、上り・下りでメニューが異なります。
※洋軽食は、春・夏シーズンと秋・冬シーズンで、メニューが入れ替わります。

フリードリンクのサービスは、10種類以上のソフトドリンクや、ビール、日本酒、ワインなどがあり、乗車中いつでも自由に飲み物のオーダーが可能です。

グランクラスの乗客のためだけの専任アテンダントスタッフが、とてもきめ細かなサービスを提供して頂けますので、きっと新幹線の旅を快適に過ごすことが出来るでしょう。

東京駅出発のグランクラスを利用する特権

ビューゴールドラウンジ

東京駅八重洲中央口グランルーフ1階にある「ビューゴールドラウンジ」を、当日乗車する新幹線の出発予定時刻「90分前」から無料で利用できます。ソフトドリンク、お菓子、新聞・雑誌、無線LAN、クロークなどのサービスが受けられます。旅の出発前にくつろげるプレミアムなラウンジで、快適なひとときを過ごしてみてはいかがでしょうか。

【ビューゴールドラウンジの利用資格について】

【ビューゴールドラウンジの利用資格について】
13 件

このページをシェアする