ニュース|京都府

2017.10.26

遊休林の有効活用に!空中に浮かぶラグジュアリーテント

遊休林の有効活用に!空中に浮かぶラグジュアリーテント
(株)ネイチャーマインド(本社:京都府長岡京市、代表取締役:木村耕一郎)は、樹木間に吊るしたラグジュアリー空中テント「Dom’up」を2017年12月1日より期間限定レンタルいたします。今回レンタルするのは、世界初の昇降システムを備えた空中に浮かぶラグジュアリーなテント「Dom’up」の3基セットになります。

このページをシェアする

「Dom’up」の3つの特徴

1.設置時、撤去後のNo Trace(痕跡を残さない)
2.世界初の空中デッキ昇降システム(設置もメンテナンスも短時間で行える)
3.樹木を活用したラグジュアリーな空間利用

「Dom’up」誕生の背景

Dom’Upはベルギーの樹芸家と設計士が、「どうしたら自然を傷つけず、森の中で快適に楽しむことができるだろうか」という思想の元に開発されました。当社は以前より、日本の放置された森林の有効活用、森林保護・育成の取り組みについて、地域の活性化をボランティアや寄付に頼ることなく自立し、継続して活動できるようにするにはどうしたらいいのだろうかと悩んでいた時に、このDom’Upと出会いました。すぐにベルギーに赴き、Dom’Upの開発者である、ブルーノ氏とお会いし、ライセンスを管理する、Trees & People社と正式に契約を行いました。

ベルギーと日本では、環境・気候が異なるため、テントやデッキ木材の材質を変え、また台風等に備え、メンテナンスを容易にするため、昇降システムを開発し、快適性および機能の向上をいたしました。Dom’Upはラグジュアリーな空中テントという今までにないインパクトがあるため、集客力もあり、投資効果が高く、土地や地形に縛られず自由に移動が出来あらゆる変化に対応が可能です。

アウトドアは夏というイメージが強く冬季は売り上げが低迷しますが、これからは新たな休暇の過ごし方の提案として、通年営業可能なアウトドアの宿泊型施設で地域の活性化を促すことを目的と致します。

「Dom’up」の使い方・利用シーン

直径40cm程度、高さ20m程度の健康な2本の樹木を利用して約25㎡のドーム型デッキにトップテント、インナーテントを備えた寛ぎの空間を提供できます。インナーテントの中にはペレットストーブを配置することで、冬季も快適に過ごせ通年営業が出来る為アウトドアの売り上げ落ち込み時期の収益増と新たな集客を見込めます。

「Dom’up」製品概要

■価格:650万(設置・送料・税別)レンタル・リース(有)
■販売方法:直接販売
■販売店:(株)ネイチャーマインド

(株)ネイチャーマインドについて

森林の保護・育成・活用を軸とした地域活性化を促す為のコンサルティングを行っております。今回森林の活用をテーマとして活動を行うための継続可能なビジネスモデルとしての宿泊施設“Dom’up”を提案させて頂きます。
※推奨定員 大人4名
【会社概要】
会社名:株式会社ネイチャーマインド
所在地:京都府長岡京市城の里10-9
代表者:木村耕一郎
設立:2015年10月2日
URL:http://www.naturemind.co.jp
事業内容:森林保護・育成・活用を軸とした地域活性化事業・Dom’up販売・設置・運用
【お客様からのお問い合わせ先】
《東京支店 営業:橘(タチバナ)》
TEL:03-6661-6761
e-mail:info@naturemind.co.jp

福島県金山町”Dom’up 沼沢湖”

福岡県福津市 ぶどうの樹”海風と波の音”

”アクアティックドーム”(開発中)

”アクアティックドーム”(開発中)

<画像提供:株式会社ネイチャーマインド>

Nature Mind 株式会社ネイチャーマインド | 森林活用アイテム「ツリードーム」「ツリーフロア」

Nature Mind 株式会社ネイチャーマインド | 森林活用アイテム「ツリードーム」「ツリーフロア」
森林を守り、育て、活用するサービスを提供し地域の活性化に貢献する、ネイチャーマインドのサイト。
25 件

このページをシェアする