ニュース|全国各地

2017.9.22

『旅と鉄道』特集は「旅は笑顔で!へんな鉄道!?」

『旅と鉄道』特集は「旅は笑顔で!へんな鉄道!?」
インプレスグループで鉄道関連の出版事業を展開する株式会社天夢人(本社:東京都港区、代表取締役社長:唐島夏生)は、2017年9月21日に『旅と鉄道』2017年11月号を発刊しました。2011年の復刊から通算50号となった前々号より、デザインや特集内容、文字の大きさを一から見直した誌面リニューアルを実施。「より読みやすく、より深い情報を、より楽しくお伝えする」ことを目標に誌面づくりをしております。

このページをシェアする

全国には網の目のように鉄道の路線が引かれ、約9000もの駅があります。その中には、びっくりするような見た目の駅舎や変わった場所を走る鉄道、見たこともないような形の車両、珍体験ができる列車など、私たちがイメージする「鉄道の常識」を飛び越えたような鉄道シーンが各所にあります。そこで『旅と鉄道』11月号では、それらのちょっと変わった鉄道の名所を“へんな鉄道!?”として、笑顔で旅するためのきっかけとして、読者のみなさまに楽しい旅を提案します。

本誌では、“へんな鉄道!?”のジャンル分け、楽しみ方のレクチャーを導入に、様々な“へん鉄スポット”を巡るルポやスポット探訪に役立つ情報を特集しました。巻頭ルポは、お笑い芸人で“鉄道BIG4”のひとりとしても活躍中のダーリンハニー・吉川正洋さんが四国を訪れ、一両編成の“四国新幹線”こと「鉄道ホビートレイン」に乗ってローカル線・予土線を旅します。予土線沿線の清流・四万十川の景観を楽しみながら地元の方々とも触れあい、高知市・とさでん交通の日本一駅間距離が短いスポットにも立ち寄るなど、とても濃い2日間の旅。吉川さん本人が執筆した味わいある文章も必読です。

そのほか、津軽半島の「真夏のストーブ列車」「津軽鉄道しんご列車」「巨大な土偶駅」を巡ったルポ、見た目がへんなユニーク列車、爆笑駅舎、珍体験列車、都会から行く「へん鉄日帰りコース」も掲載。1冊まるごと笑って元気になれる「へんな鉄道」スポットや列車を完全に網羅した保存版の特集となっています。

●巻頭ルポ:愛媛~高知 予土線「鉄道ホビートレイン」

巻頭ルポの旅人は、お笑い芸人で“鉄道BIG4”のひとりとしても活躍中のダーリンハニー・吉川正洋さん。大の鉄道ファンとして、テレビ番組の『タモリ倶楽部』の鉄道企画や『笑神様は突然に…』などで熱いマニアぶりが人気を博しています。

今回は大好きな「鉄道ホビートレイン」を満喫、さらに「海洋堂ホビートレイン・かっぱうようよ号」「しまんトロッコ号」にも乗車し、“予土線三兄弟”と呼ばれる人気列車3つを全制覇しました。“へん鉄”スポットに対するお笑い芸人としての視点はもちろん、地元の方々との交流や濃いマニアたちとのエピソードなどを吉川さん独特のポップな文章で綴っていただきました。

●体験ルポ:津軽半島“へん鉄”めぐり旅

8月初旬に運行された津軽鉄道のイベント列車「真夏のストーブ列車」に乗車。雪深い冬に運転されることで有名なストーブ列車を、あえて真夏に体験しました。車内の温度は最高50度にも達しました。吹き出す汗、もうろうとする意識……体当たりの珍体験を誌面でお伝えします。他にも遮光器土偶を模した巨大な駅舎のJR木造駅、津軽鉄道嘉瀬駅に保存され今年5月に塗り直された「しんご列車」など、津軽半島のへんな!? スポットに立ち寄ります。

●思わず笑顔になる 爆笑!? へんな駅20

全国には一瞬目を疑う、おもしろい見た目の駅舎がたくさん存在します。カメに河童、巨大SLにミニ版東京駅など……見ただけで思わず笑顔になる駅に加え、駅でバーベキューができたり、バスケットボールができたり、温泉にも入れる!? 各地のへんな駅を紹介しています。旅行の折にはぜひ途中下車して爆笑してください。

●SNS映えも抜群!変わり種珍体験列車

遊び心に満ちた、変わった体験ができるイベント列車や車両を集めました。掘りごたつでほのぼのできる列車、車内で「年金相談」ができる列車、ディスコで踊れる、たった1円で乗れる!? など、愉快で楽しい珍体験列車がせいぞろい集合しました。

●専用線から廃線跡まで!? “へん”なところを走る鉄道

日ごろから慣れ親しんでいる鉄道だけど、ちょっと視点を変えて不思議な鉄道や列車を探してみるのも楽しい。各地で見つけた一風変わったところを走るシーンを集めてみました。なかにはいますぐ見たい・乗りたい列車があるかもしれません。38段ものスイッチバックがある秘境鉄道や島の森林鉄道、知る人ぞ知る貨物専用線など、過酷な環境でも一生懸命に走る鉄道たちの勇姿をごらんください!

●鉄道旅なら、やっぱりコレ うまくておもしろい駅弁大集合!

旅のお楽しみのひとつである駅弁。ここでは、駅弁そのものに個性をもつ注目の駅弁から、容器に特徴のあるおもしろ駅弁まで、ちょっぴりユニークな今年の顔をえりすぐって紹介します。米どころが誇る誰もがアッと驚く新発想の駅弁、日本人でよかったと思えるこれぞ、弁当文化の原点という駅弁など、誌上試食会にようこそ。

●東西お手軽“へん鉄”めぐり

東京発・地下鉄唯一の踏切など13カ所の〝?〟をめぐる 大阪発・関西の〝へん〟を回りつくせ!

都会にも多くの〝へんな鉄道〟ポイントがあります。地下鉄唯一の踏切や、すぐそこにあるのにまったく別名の駅、かがまなければくぐれない架道橋、電車型ビル、秘境駅、へんなケーブルカーと爆笑スポットが目白押し。旅に出るための時間も資金もない!という方でも、気軽に行けるスポットをめぐるコースを掲載。小旅行のプランニングに役立ててください。

<他の企画>

■秋の旅におすすめ 明知鉄道旅紀行(岐阜県恵那市・中津川市)

中山道の大井宿、岩村の城下町、明知の大正村と見どころの多い岐阜県の恵那~明智間を結ぶ明知鉄道。田園風景の中をのんびりと走る列車の旅を紹介。沿線のおいしい魅力を探します。

[連載]

■NEWS 0番線
■追憶の夜行列車
■「アニメ×鉄道」舞台めぐり最新トピックス「きみの声をとどけたい」ほか
■元祖鉄道アイドル 木村裕子の食べるテツには福来たる!
■小浜線でおいでな!わかさ路
■バイクで行く廃駅・廃線めぐり
■「イザベラ・バードの足跡を訪ねて 鉄道にっぽん奥地紀行」芦原伸
■車内絵日記
■鉄道マンたちの青春劇場
■懐かしの鉄道ワンシーン

■2017年9月21日発売。
■定価1000円(税込)。
■全国書店、オンライン書店のAmazonなどで発売中。
■定期購読はFujisan.co.jp(富士山マガジンサービス)へ。
【株式会社天夢人】
http://temjin-g.com/
2007年設立。現在『旅と鉄道』(発売:山と溪谷社)と『SINRA』(発売:新潮社)の2誌を発行しています。歴史や民俗、鉄道や文化遺産、食文化や音楽などを見聞し、伝える雑誌や書籍を発行・編集し、豊かな人生をおくるための生活情報を発信していきます。

【インプレスグループ】
http://www.impressholdings.com/
株式会社インプレスホールディングス(本社:東京都千代田区、代表取締役:唐島夏生、証券コード:東証1部9479)を持株会社とするメディアグループ。「IT」「音楽」「デザイン」「山岳・自然」「モバイルサービス」を主要テーマに専門性の高いコンテンツ+サービスを提供するメディア事業を展開しています。2017年4月1日に創設25周年を迎えました。

<画像提供:株式会社インプレスホールディングス>

雑誌情報 | 旅鉄web

雑誌情報 | 旅鉄web
旅鉄webへようこそ!旅と鉄道をテーマに様々な角度から「旅鉄」の世界をご紹介します。※『旅と鉄道』11月号の詳細はこちら
◎旅と鉄道の最新情報はこちらからも発信中
『旅と鉄道』公式Facebook:https://www.facebook.com/tabitotetsudo/
『旅と鉄道』公式Twitter:@tabitetsu_web
36 件

このページをシェアする