旅のご予約|奈良県

2018.7.25

【飛鳥・吉野 旅行記】青の交響曲(シンフォニー)で行く 気品に満ちた大人旅

【飛鳥・吉野 旅行記】青の交響曲(シンフォニー)で行く 気品に満ちた大人旅
2016年9月にデビューした、近畿日本鉄道の「青の交響曲(シンフォニー)」。上質な大人旅をコンセプトに癒しと寛ぎを叶えてくれる、優雅な観光特急列車として人気を博しています。乗車区間はあべのハルカスがある大阪阿部野橋駅から、“一目千本”と名高い桜の名所、吉野山の玄関口である吉野駅まで。この近鉄南大阪線・吉野線の沿線は、歴史・文化や自然に食と、様々な観光体験に溢れた魅力の宝庫。80分の乗車時間で過ごす極上の観光列車の旅と、沿線のおすすめスポットをご紹介します。(写真:近畿日本鉄道・青の交響曲(シンフォニー))

このページをシェアする

高級感溢れた魅力的なクラシック車両

近畿日本鉄道・青の交響曲(シンフォニー) 車両

一般車両(6200系)を改造した青の交響曲(シンフォニー)は、普段は建築デザインを担当する近鉄グループの「全日本コンサルタント」が設計デザインを担当。上品で落ち着きのある濃紺色のボディカラーとゴールドのラインは、華やかで明るい印象。大人の旅を演出するクラシカルな外装が高級感を醸し出しています。

近畿日本鉄道・青の交響曲(シンフォニー)と吉野駅

吉野駅のホームは、高い天井とアーチが美しいデザイン。駅ホームの空間に広がりが出て、青の交響曲(シンフォニー)のラグジュアリー感を効果的に放ちます。また起終点駅・大阪阿部野橋駅ホームでは、発車メロディに交響曲 第101番「時計」 第2楽章(ハイドン)を使用しています。

デラックスシートと内装の豪華さに感嘆

近畿日本鉄道・青の交響曲(シンフォニー) 車内(1・3号車)

1・3号車の座席スペースは、通路を挟み2列席と1列席の幅広いデラックス仕様。グループ向けにテーブルを備えた「サロン席(3~4人用)」「ツイン席(2人用)」も。シートは山々の稜線をイメージし、腰を落とすと優しく包み込まれるような座り心地。座席のお客様の触れる部分には奈良県産の竹材を使用しており、随所にこだわりが散りばめられています。

近畿日本鉄道・青の交響曲(シンフォニー) 車内(1号車)

ひとり旅をするなら1・3号車にある1名用の座席シート(1A・10C)がおすすめ。各車両の端に一つしかない座席シートは、後ろの座席と背中合わせになるため、個室気分が味わえます。その落ち着きある空間が堪らないと、鉄道ファンからは人気が高い座席です。

近畿日本鉄道「青の交響曲(シンフォニー)」車内

車内の優美さは敷かれたカーペットやカーテンの質感からも伝わってきます。移動するたびに柔らかく、沈み込むような足元の感触は、グレードの高いサロンそのもの。列車という非日常的な空間でありながら、上質な寛ぎを追求した青の交響曲(シンフォニー)は、まさに動くサロンカーです。

近畿日本鉄道・青の交響曲(シンフォニー) ラウンジ車両(2号車)

ラウンジ車両の2号車は、ホテルを彷彿させるデザイン。全20席の革張りソファを配置し、LED間接照明の柔らかな光を活かした落ち着きのある空間です。専属のアテンダントが常駐し、地元の特産品等を活用したスイーツや軽食、ワイン・地酒・ハイボールなどを販売。購入後はこのラウンジでゆったり過ごす人が多いのも納得です。

近畿日本鉄道・青の交響曲(シンフォニー) ラウンジ車両(2号車)

ラウンジ車両のライブラリーは、繊細なインテリアデザインが特徴。装飾にも建築的な視点を取り入れているため、車内の移動も”散策気分”が楽しめます。

近畿日本鉄道・青の交響曲(シンフォニー) ライブラリー(2号車)

ライブラリーには、沿線にまつわる書籍や写真集を完備。沿線めぐりのための閲覧にも便利です。

ラウンジカーで楽しみたいグルメの数々

近畿日本鉄道・青の交響曲(シンフォニー) 車内販売「吉野の地酒(大吟醸)飲み比べセット(オリジナル木製箸付き)」

奈良・吉野の地酒を楽しめる「地酒 飲み比べセット」。約80分の限られた列車の旅だからこそ、こうした飲み比べが出来るセットは嬉しい配慮でしょう。吉野地域の酒蔵が生み出した大吟醸は、いずれもふくよかな旨味が堪らない名酒揃いです。
※オリジナル木製箸付きは1周年記念限定発売(なくなり次第終了)

近畿日本鉄道・青の交響曲(シンフォニー) 車内販売「西吉野の柿スイーツセット」

「郷愁の柿」(きょうしゅうのかき)は、奈良県西吉野地方で採れる素朴な味わいを持つ法蓮坊柿に、渋皮入り栗あんをいっぱい詰め込んだスイーツ。観光庁選定「旅のきっかけになる究極のお土産」にも選ばれている人気の逸品で、ほのかな渋みが特徴な小さな干し柿と、相性のよい栗あんの上品な甘さが味わえます。
※お土産は青の交響曲(シンフォニー)車内では販売していません。

近畿日本鉄道・青の交響曲(シンフォニー) 車内販売「季節のオリジナルケーキセット」※イメージ

今冬限定の「フレジエ・ピスターシュ」ケーキは、上品な甘さのクリームと大粒で甘酸っぱい苺にピスタチオを使用したスポンジ生地でサンド。表面の苺ジャムの上に飾られた粉糖と金粉が華々しい一品です。ひと口含んだ瞬間から幸せな気分に包まれ、コーヒーや紅茶と一緒に味わえば、この上ない至福なひと時が過ごせます。
※冬限定「フレジエ・ピスターシュ」ケーキは販売終了。
※春限定・季節のオリジナルケーキは「プランタン」です。(季節毎に内容を変更予定)

吉野川橋梁を渡る 青の交響曲(シンフォニー)の雄姿に酔う

吉野エリア:近鉄吉野線・吉野川橋梁

吉野川下流部(紀の川)に架かる吉野川橋梁(よしのがわきょうりょう)。橋梁の脚はレンガ造りという珍しい形で、トラスなどの構造の上側に線路がある橋梁のため、走る電車の全貌が眺められます。写真映えになる橋梁として鉄道ファンの中では人気がある撮影スポット。青の交響曲(シンフォニー)が吉野川を渡る美しい光景に出会えます。

古代歴史文化が息づく日本最大級の方墳

明日香村:石舞台古墳

青の交響曲(シンフォニー)が走行する近鉄南大阪線・吉野線の沿線には、古代歴史文化が残る飛鳥エリアがあります。飛鳥時代の史跡・古墳・古社寺が数多く残され、なかでも石舞台古墳(いしぶたいこふん)は、蘇我馬子(そがのうまこ)の墓と伝えられる(6世紀末~7世紀前期)日本最大級の方墳として有名です。

明日香村:石舞台古墳の内部

30数個の岩からなる方墳は、当時の優れた土木・運搬技術によるもの。月の夜、狐が美女に化けてこの上で舞ったという言い伝えも残っています。内部から見上げる天井石は約77トンあり、その巨大さに圧倒されます。
■施設名:石舞台古墳
・所在地:奈良県高市郡明日香村島庄254番地
・お問い合わせ先:一般財団法人明日香村地域振興公社/0744-54-4577・9200
・入場時間:8:30~17:00
・入場料金:大人 250円/高校生 200円/中学生 150円/小学生 100円
・アクセス:近鉄南大阪線・吉野線 橿原神宮前駅 東口 または飛鳥駅より、奈良交通 明日香周遊バス乗車。「石舞台」下車して徒歩3分。
・公式サイト(外部リンク)URL:http://asukadeasobo.jp/kankou/ishibutai

吉野桜の名所と歴史的建造物の競演を歩く

吉野山:世界遺産文化遺産・総本山 金峯山寺

吉野山の尾根上にそびえる金峯山寺は、金峯山修験本宗の総本山。金峯山寺(きんぷせんじ)の本堂・蔵王堂(ざおうどう)は、安土桃山時代に再建された建造物で、重層入母屋造りの桧皮葺き(ひわだぶき)。高さ34m・四方36mあり、東大寺大仏殿に次ぐ木造古建築です。
■施設名:総本山 金峯山寺
・所在地:奈良県吉野郡吉野町吉野山
・TEL:0746-32-8371
・拝観時間:08:30~16:30
・蔵王堂拝観料金:大人 500円/高校生・中学生 400円/小学生 300円 ※御開帳料 別途
・アクセス:近鉄南大阪線・吉野線 吉野駅から徒歩または代行バス・吉野山駅から徒歩約10分
・公式サイト(外部リンク)URL:http://www.kinpusen.or.jp/index.html

吉野山:花矢倉展望台から眺める吉野山全景(4月頃のイメージ風景)

花矢倉(はなやぐら)展望台近辺は、吉野山の中でも特に眺望の良さから人気が高い場所。上千本、中千本、金峯山寺の蔵王堂まで眺望できる大パノラマは必見で、上空から眼下に広がる風景は壮観です。また展望台周辺にも桜が咲き誇り、秋には美しい紅葉の絶景も堪能できます。

本物の吉野本葛は「賞味期限わずか10分」を体感出来る名店

吉野山:葛屋 中井春風堂・外観

葛屋(くずや)中井春風堂は一風珍しい、葛切り・葛餅作りの実演スペース・カフェが併設されているお店。この店内ではとことん鮮度にこだわり、「賞味期限わずか10分!」というほどの、作り立ての葛切り・葛餅を味わうことができます。

吉野山:葛屋 中井春風堂「実演・カフェスペース」

店内のカフェスペースにある特等席の前には、山桜の一枚板カウンターがあります。その目の前で吉野本葛を極めた職人である店主が実演。葛本来の味・香り、葛の性質を分かりやすく解説しながら葛切り・葛餅の作り方を詳しく説明してくれます。

吉野山:葛屋 中井春風堂・吉野本葛「葛切り」

「賞味期限10分の世界」という職人の情熱が詰まった出来たての葛切り・葛餅は、舌触りがなめらかでほんのり温かく柔らかい、作り手の愛情が伝わる味。シンプルだからこそ、奥が深い吉野本葛は、吉野に伝わる珠玉の伝統の逸品です。

吉野山:葛屋 中井春風堂・お土産品「葛ラムネ」

葛菓子をアレンジした「葛ラムネ」は、職人が丁寧に作る和菓子のようなラムネ。やや大粒のそれを一粒、口に入れ噛み砕くと葛のやさしい素朴さが広がります。ほのかな酸味でシュワッとした食感が楽しめるユニークな逸品。幼いころ食べていた味とは一味違う、大人のラムネです。
■店名:葛屋 中井春風堂
・店主 葛菓子職人:中井孝嘉氏
・所在地:奈良県吉野郡吉野町吉野山545
・TEL:0746-32-3043
・営業時間:10:00~17:00
・定休日:水曜日(冬期は土曜・日曜のみ営業)
※季節などにより異なりますので、詳しくは店舗の公式サイトでご確認ください。
・アクセス:近鉄南大阪線・吉野線 吉野駅から徒歩または代行バス・吉野山駅から徒歩約15分
・公式サイト(外部リンク)URL:http://nakasyun.com/index.html

【ご案内】吉野山ロープウェイ運休について

平成30年夏頃まで(予定) 吉野山のロープウェイが運休中となっております。観光の際は「代行バス」をご利用下さい。詳しくは吉野大峯ケーブル自動車㈱の公式サイト(外部リンク)をご確認ください。
・ケーブル代行バス(URL):http://www.yokb315.co.jp/daiko_bus.php

青の交響曲(シンフォニー)特急券の購入方法

■運行区間
近鉄南大阪線・吉野線「大阪阿部野橋駅~吉野駅」

■乗車料金
乗車には普通運賃の他に特急料金と特別車両料金が必要になります。
※普通運賃:大阪阿部野橋駅~吉野駅間:大人 970円・小児 490円
※特急料金 特別車両料金:大人 720円/小児 370円

■特急券の発売開始日:
乗車日1か月前の午前10時30分から、特急券発売駅の窓口、主要旅行会社、インターネット予約・発売サービス(チケットレスサービス)等で発売致します。
※サロン席、ツイン席の特急券はインターネット予約・発売サービスでは購入できません。

■お問い合わせ先
近鉄旅客案内テレフォンセンター
営業時間:8:00~21:00(年中無休)
大 阪:06-6771-3105
名古屋:052-561-1604

※本ページの内容は、取材時点の情報を元に作成しています。運行ダイヤや車内サービスなどは季節などにより異なりますので、近畿日本鉄道「青の交響曲(シンフォニー)」の公式サイトでご確認ください。
ライター:井田 久恵
取材・撮影:トラベルバリュー 編集部
取材時期:2018年2月下旬
取材協力:近畿日本鉄道株式会社・明日香村教育委員会 文化財課・総本山 金峯山寺・葛屋 中井春風堂
61 件

このページをシェアする

presentトラベルバリュー・プレゼント

青森県十和田市のブルワリーから『奥入瀬ビール』をプレゼント

奥入瀬ビールは、選び抜かれた麦芽とホップを奥入瀬の源流水で仕込み、本場チェコに学んだ技術で醸造されたこだわりの地ビールです。大人時間を彩る旅の情報サイト「トラベルバリュー」では、「奥入瀬ビール10本セット」プレゼントのご紹介をしています。
プレゼントに応募する 応募には会員登録が必要です。

トラベルバリュー国内ツアー検索

国内ツアー検索ならトラベルバリュー

トラベルバリュー国内ツアー検索では、北海道から沖縄まで全国各地の格安国内ツアーを最安値からテーマ・目的別で検索・比較可能。人気の日帰りバスツアーや、航空券パック、列車+ホテルパックなど、あなた好みの国内ツアーを条件を指定して検索することが出来ます。
国内ツアー検索を見る

メニューから記事を見る