ニュース|東京都

2017.11.21

【旅読人】高橋克典・旅コラム公開&ディナークルーズプレゼント企画

【旅読人】高橋克典・旅コラム公開&ディナークルーズプレゼント企画
トラベルバリューのコラム「旅読人」は『特別企画 高橋克典さんインタビュー ~クルーズで見つける新しい大人の旅~<前編>』を公開しました。クルーズを愛し、『極上のクルーズ紀行』(BS-TBS)でナビゲーターも務める俳優・高橋克典さんが、旅を通して見つけたクルーズの魅力とは。全2回にわたりお話をうかがいました。第1回目となる今回は、高橋さんこれまでに体験したクルーズ旅行を振り返ります。(取材・撮影場所:ザ・クルーズクラブ東京のクラブハウス、レストランシップレディクリスタル)

このページをシェアする

■豪華ディナークルーズプレゼントキャンペーン■
インタビューの取材・撮影場所は、レストランシップレディクリスタルと陸上レストランの2つの空間を持つ「ザ・クルーズクラブ東京」。トラベルバリューでは、なんと、このレディクリスタルでの豪華ディナークルーズにペアでご招待。また、高橋克典さん写真入りサイン色紙(2枚)もお付けしたセットを2組4名様にプレゼントいたします。

クルーズで見つける新しい大人の旅

ザ・クルーズクラブ東京 レディクリスタル船内にて

■高橋さんがクルーズに興味を持たれたのは、いつ頃でしょうか。

高橋さん:
きっかけは僕がナビゲーターを務めている番組(BS-TBS『極上のクルーズ紀行』)ですね。もう6年くらい前になるかなぁ。それまで僕はどちらかというと、バックパックを背負って無計画に世界各国を冒険するような旅が好きだったんです。クルーズについては、高価でゴージャス、お金持ちが楽しむものといったイメージしかありませんでした。しかし、番組を通して理解を深めるうちに、その魅力に気がついたんです。

■高橋さんにとってのクルーズ旅の魅力とは?

高橋さん:
豪華なイメージが強いクルーズですが、実際はバラエティー豊かな滞在プランがあり、決してお金持ちだけが楽しむものではありません。移動にかかるお金や、食費、エンターテイメント代、そして宿泊費も込みの価格設定なので、総合的にみれば普通の旅とそんなに変わらないかも。そして提供されるものは全て一流。思い出に残ること間違いなしです。
あとは、とっても楽チンですね(笑)。寝ている間に次の寄港地に運んでくれるので、移動で疲れることはありませんし、荷物のパッキングも気にしなくていい。パスポートも最終地で下船するまでは基本的に船側で預かり、寄港地での出入国手続きは船側がやってくれます。乗客にとっては、いつの間にか判子が押されている、といった具合なので、手間を気にせず、ゆったりとした旅が満喫できますよ。

船から臨むベネチアの街

■実際に高橋さんが体験したクルーズについて教えてください。

高橋さん:
僕が行ったなかで印象深い海外クルーズは2回。海と川のクルーズです。ひとつは、イタリアのベネチアからトルコのイスタンブールまで、エーゲ海や地中海をめぐり、海洋国家として栄えた“ベネチア共和国”の興亡の歴史をたどれるクルーズ。もう一つはハプスブルク家をキーワードに、ハンガリー、スロバキア、オーストリア、ドイツの4カ国を旅するドナウ川のリバークルーズです。

ザ・クルーズクラブ東京 クラブハウスにて

■どちらも素敵な旅ですね! それぞれ、どんなところが魅力的だったのでしょうか。

高橋さん:
海のクルーズは、とにかく船が大きいので、船内のサービスを楽しむことができました。ベネチアからイスタンブールのクルーズで乗った5つ星の客船「オーシャニア・リビエラ」は美食が一番の特徴で、船内には本格フレンチに、イタリアン、アジア料理など全部で6種類のレストラン(※有料レストラン「ラ・レゼルブ」を除く)があるんですよ。ついつい食べすぎて1週間で3kgくらい太っちゃいました(笑)。フランス首相のプライベートシェフをつとめた世界的なシェフが料理の監修を行っていたので、そこら辺のレストランより断然美味しかったですね。メニューも毎回違うので全然飽きません。

リバークルーズは、小型船になりますが、しっぽりと移りゆく対岸の風景を楽しめるところが魅力です。僕の部屋にはテラスがあったので、そこから川岸の風景を飽きることなく眺めていましたね。ヨーロッパらしい美しい街並みや、中世の古城が見られて、本当に...
※「旅読人」で「特別企画 高橋克典さんインタビュー」の全文を公開しております。
取材・文:立岡美佐子(effect)
編集:山葉のぶゆき(effect)
撮影:渡部孝弘
取材協力:ザ・クルーズクラブ東京

【プレゼント】豪華ディナークルーズペアご招待と高橋克典さんサイン色紙

◆プレゼント内容
レディクリスタルクルーズギフトカード「ディナークルーズ(エグゼクティブ)」ペアと高橋克典さん写真入りサイン色紙(2枚)のセット 2組4名様

レディクリスタル

ディナークルーズ エグゼクティブ メニューの一例

◆ディナークルーズ(エグゼクティブ)のご案内
・出航港場所:天王洲アイルシーフォートスクエア(東京都)
・着席正餐スタイル
・乗船時間:19:00~21:00(120分間)
・出航日:毎日(但し、年末年始等の休業日、船舶定期点検期間、貸切日やクリスマス等のイベント実施期間を除く)
・クルーズギフトカードの有効期限:発行日(2018年1月予定)から1年間
※お電話での予約が必要です。
※ギフトカードには、乗船料・コース料理・税・サービス料が含まれています。
※ご自宅~出航場所までの往復の交通費はお客様のご負担となります。
※乗船中のお飲み物代は別料金となります。

【応募期間】
2017年11月21日(火)~2018年1月8日(月)

本格フレンチや東京湾周遊が楽しめる「ザ・クルーズクラブ東京」

クラブハウス内のレストラン

ザ・クルーズクラブ東京は、東京湾を周遊する船の空間「レディクリスタル」と、天王洲アイルの運河に面した陸の空間「クラブハウスレストラン」の2つの場所を持つ水辺のオアシス 。
陸上のクラブハウスには、広々とした空間が印象的な「レストラン」と 水辺のバンケット「ラウンジ」の2つの会場があります。

レディクリスタル エントランス

レディクリスタルは、レストランシップとしても、クルーズだけでも利用できます。船上に独立したキッチンを備えているため、クラブハウスと変わらない繊細なスペシャリティフレンチが楽しめるのも魅力です。
クルージングのコースは、お台場方面コース、東京ゲートブリッジコース、羽田空港方面コースの全3コース。いずれもクラブハウス前の専用機橋から出航し、東京港のパノラマが広がるドラマティックな航路が楽しめます。

ザ・クルーズクラブ東京

ザ・クルーズクラブ東京
2016年春、クリスタルヨットクラブは「ザ・クルーズクラブ東京」に生まれ変わりました。天王洲アイルの運河に面した「クラブハウスレストラン」と、クルーズ船「レディクリスタル」で、本格フレンチ料理と東京湾クルーズをご堪能ください。
24 件

このページをシェアする