ニュース|富山県

2017.9.20

深紅の絨毯を敷いたように並ぶ壮観な「ベニズワイガニ」を見学

深紅の絨毯を敷いたように並ぶ壮観な「ベニズワイガニ」を見学
毎年9月初めになると、富山湾内の各漁港にたくさんの「ベニズワイガニ」が水揚げされ各市場は一層賑わいます。浜前漁港と呼ばれる射水市「新湊漁港」は、漁場が近い地の利を生かして、早朝のセリ以外に、全国的にも珍しい13時から「昼セリ」が行われています。(写真:射水市新湊漁港「昼セリ」)

このページをシェアする

「昼セリ」は、無料で見学(要予約)ができることから、この時期になると、セリ場の床に深紅の絨毯を敷いたように並ぶ「ベニズワイガニ」の光景を見ようと多くの人が来場します。セリ見学の後は、すぐ近くの「新湊きっときと市場」において、セリに出ていたばかりの「ベニズワイガニ」の購入や、「ベニズワイガニ」と「シロエビ」が乗った新湊S級グルメ「新湊紅白丼(2,000円~)」をお召し上がりいただけます。なお、「新湊紅白丼」は射水市内の10店舗の飲食店で提供しています。

新湊紅白丼

富山県は、昨年の9月より、県産「ベニズワイガニ」を「高志(こし)の紅(あか)ガニ」とネーミングし、甲羅幅140mm以上、重さ[生ガニ]1,000g以上、[茹でガニ]800g以上ほか、ブランド規格を満たす極上品には「極上 高志の紅(アカ)ガニ」という専用タグをつけてトップブランドとして出荷しています。富山の春・夏・冬を代表する富山の魚(※)と同様に「富山湾」を冠したキャッチフレーズ「富山湾の朝陽(あさひ)」をつけて魅力を発信しています。

※:富山の魚:(春)ホタルイカ「富山湾の神秘」、(夏)シロエビ「富山湾の宝石」、(冬)ブリ「富山湾の王者」)

■「新湊漁港の昼セリ見学」概要

【見学時間】
13:00から約30分(漁獲量による)

【休業日】
水曜日、日曜日
※他休場日、事前にご確認下さい。

【場所】
新湊漁港
(富山県射水市八幡町1-1100)

【集合時間】
12:30(時間厳守)

【集合場所】
新湊きっときと市場インフォメーションカウンター

【参加方法】
要事前予約
(お申込み先:新湊きっときと市場TEL:0766-84-1233)

【見学料金】
個人/無料、
団体/見学負担金バス1台に付き一式 2,000円

【駐車場】
有り(駐車無料)

【公共交通】
万葉線東新湊駅から徒歩5分
■お問い合わせ先
【昼セリのお問合せ先】
新湊きっときと市場
TEL:0766-84-1233

【ベニズワイガニ全般のお問合せ先】
射水市港湾・観光課
TEL:0766-51-6676

<画像提供:富山県広域観光コンテンツPR事務局>

新湊きっときと市場|新湊うまいもん株式会社

新湊きっときと市場|新湊うまいもん株式会社
とやまの真ん中に、待望のフィッシャーマンズワーフ誕生!! とやまの自慢、きっときとな新湊の魚を直送しています。また、日本海、海王丸、立山連峰の眺望が楽しめるレストランや、色々なイベントを開催しています。
7 件

このページをシェアする