ニュース|海外

2017.10.3

日本から3時間半の島々 サイパン、テニアン、ロタには驚きの絶景の数々

日本から3時間半の島々 サイパン、テニアン、ロタには驚きの絶景の数々
マリアナ政府観光局(東京都中央区)は、本日10月2日(月)より、マリアナ3島(サイパン島・テニアン島・ロタ島)の新プロモーションビデオを公式ホームページおよびYouTube上で公開いたしました。(写真:マニャガハ島(サイパン島))

このページをシェアする

このプロモーションビデオは、今年7月に約1か月に渡る長期ロケをマリアナの全3島で行い撮影されたものです。タイトルは、「The Marianas ~ Saipan / Tinian / Rota」。日本から直行便でわずか3時間半の場所にある南の島マリアナが持つ様々な観光の魅力、そして異なる表情を持つ3つの島の大自然を美しい高画質動画でとらえています。

全6分21秒のプロモーションビデオの前半では、自然、ダイビング、カルチャー、リゾート、スポーツ、ロマンスという6つのカテゴリーでマリアナの魅力をまとめています。後半では、サイパン島・テニアン島・ロタ島の順に、島々が持つ驚きの絶景を連続してご紹介しています。

なかでも見所は、マニャガハ島の空撮、タポチョ山頂の夕日のタイムラプス、空中浮遊しているかのような透明度を持つタガビーチ、断崖絶壁のバードサンクチュアリ、神秘的な青の世界に包まれるロタホールとそこに暮らす生き物等。これまで、まとまった映像として見ることが叶わなかった島々の絶景・大自然を水・陸・空と、余すことなく撮影することに成功しました。

タガビーチ(テニアン島)

撮影・編集を行ったのは、IWAMOTO FILM STUDIO INC.(岩元映像制作事務所)。東京を拠点に世界各所に赴き、自然映像、水中映像、ドキュメンタリー映像、音楽イベント等、幅広いジャンルの撮影・編集を一貫して行っています。当プロモーションビデオの撮影では、高性能6Kデジタルカメラ等の最新アイテムからiPhoneやGoProといった身近なものまで各種映像機材を駆使し、訪れる人々を魅了するマリアナの風景をリアルで迫力ある映像に仕上げました。

ロタホール(ロタ島)

マリアナ政府観光局では、マリアナ3島で体験できる旅の魅力をありのままに伝える方法の一つとして、動画コンテンツの拡充およびSNSでの情報発信に力を入れていきます。なお、当プロモーションビデオに続く、新たな動画コンテンツの制作・発表は来月以降に予定しています。

<新プロモーションビデオ概要>

The Marianas ~サイパン・テニアン・ロタ~

■タイトル:「The Marianas~Saipan/Tinian/Rota~(ザ・マリアナス~サイパン/テニアン/ロタ~)」(※6分21秒)
■公  開:2017年10月2日(月)
■制  作:マリアナ政府観光局(企画)、IWAMOTO FILM STUDIO INC. (撮影・編集)*カメラマン:岩元康訓、石川肇、前田大輔
■撮影年月:2017年7月
■撮 影 地:北マリアナ諸島 サイパン島・テニアン島・ロタ島
<画像提供:マリアナ政府観光局>

マリアナ政府観光局

マリアナ政府観光局
マリアナ政府観光局ではサイパン、テニアン、ロタの基本情報や、観光、ホテル選び、ゴルフやダイビングなど旅行に役立つ情報を発信しています。
10 件

このページをシェアする