旅のご予約|長野県

2017.5.11

絶景の人気山岳リゾート上高地へ 添乗員同行ツアー

絶景の人気山岳リゾート上高地へ 添乗員同行ツアー
観光地として絶大な人気を誇る山岳リゾート、上高地。その全域は長野県松本市に属し、中部山岳国立公園の一部として、国の文化財(特別名勝・特別天然記念物)にも指定されています。標高は約1,500メートルの高地にあるため、観光シーズンは4月末から11月半ばまでの6か月半ほどの間のみ。春、夏、秋と季節ならではの魅力があり、その表情を変えるため、季節を変えて何度も訪れたくなる場所です。上高地の散策路は、木道や砂利道など未舗装の道ですが、多少は高低差があるものの、ほぼ平坦な道が続きます。周りの雄大な穂高連峰などの山々を眺めたり、季節の野花を愛でながら、あるいは、川のせせらぎや野鳥のさえずりを聞きながら、ゆっくりとウォーキングを楽しめます。初めての方は特に、安心の添乗員同行ツアーがおすすめ。上高地と合わせてほかのスポットを幾つかめぐるツアーもあります。お気に入りのツアーを見つけたら、ぜひ今年こそベストシーズンの上高地を訪れてみませんか。

このページをシェアする

上高地のみどころ

有名なビューポイント「河童橋」

梓川にかかる河童橋と焼岳(5月上旬ころ撮影)

ツアーによって、上高地での滞在時間、自由散策時間は異なりますが、上高地の見どころをめぐるウォーキングコースとして、お手軽な1時間コース、2時間コースから、5時間コースまでありますので、ご自身に合ったものを選んで散策を楽しみましょう。

上高地バスターミナルから徒歩約5分ほど歩くと、最も有名なビューポイント、河童橋が見えてきます。
上高地といえば、河童橋。上高地の中心にあって、シンボル的存在です。
河童橋周辺は、5月の連休や夏休み、紅葉シーズンなどのピーク時は、たいへんな賑わいを見せることから、「上高地銀座」などと称されることも。
1927(昭和2)年、作家・芥川龍之介が小説『河童』の中で、上高地と河童橋を登場させたことでより知られるようになったといわれています。
雄大な穂高連峰や焼岳の山々、清冽な梓川の流れとその上に架かる木製の吊り橋、ケショウヤナギの緑。これらが織りなすこの絶景を、写真などで見たことがあるという方は多いかもしれませんが、実際にそこへ行ってみることで、より深く心に刻まれることでしょう。

鏡のような水面に穂高連峰を映す「大正池」

初夏の大正池と新緑(6月上旬ころ撮影)

上高地バスターミナルから徒歩約1時間ほどで、青々と輝く「大正池」が見えてきます。

まるで鏡面のような美しい水面に、雄大な穂高連峰や焼岳、枯れ木が姿を映す「大正池」。
こちらも上高地を代表する風景のひとつです。

「大正池」は、1915(大正4)年に、突然現れた池。
焼岳が大噴火をおこし、その際に噴出した多量の泥流により梓川がせき止められて形成されました。

神々しい自然の造形美、明神池

明神池 一の池(7月中旬ころ撮影)

河童橋から梓川の左岸沿いを上流へ、徒歩1時間あまり。梓川に架かる明神橋を渡ると明神池へと到着します。
明神池は、ひょうたん型で、「一之池」と「二之池」大小2つからなっています。
周囲の木々が池面に映り、神々しい雰囲気のこの池は、池畔にある「穂高神社奥宮」の神域となっており、目の前の明神岳から湧き出ている伏流水で水面は透き通っています。
そのほかにも、魅力的なスポットが多数点在する自然の宝庫、上高地。
自分だけのお気に入りの場所や穴場スポットなどを見つけてみるのはいかがでしょうか。

【食彩】ベストシーズンにいただく 初夏の上高地フレンチ | トラベルバリュー

【食彩】ベストシーズンにいただく 初夏の上高地フレンチ | トラベルバリュー
大人時間を彩る旅の情報サイト「トラベルバリュー」の特集ページ「食彩」では、上高地の五千尺ホテルや上高地帝国ホテルなど、初夏の上高地で堪能する極上フレンチをご紹介します。

【ギャラリー】初夏の上高地散策 | トラベルバリュー

【ギャラリー】初夏の上高地散策 | トラベルバリュー
大人時間を彩る旅の情報サイト「トラベルバリュー」のギャラリーでは、山岳景勝地・上高地の初夏の風景やグルメスポットをご案内しています。

【ワンデイトリップ】清らかな高原の風景とともに 初夏の上高地ハイキング | トラベルバリュー

【ワンデイトリップ】清らかな高原の風景とともに 初夏の上高地ハイキング | トラベルバリュー
上高地の清らかな川や空気、山並みと森、湿原からなる景色を堪能できる日帰り旅を、大人時間を彩る旅の情報サイト「トラベルバリュー」がご紹介します。

【旅のご予約】山岳リゾートの風格あるクラシックホテル、上高地帝国ホテル滞在ツアー | トラベルバリュー 旅ガイド

【旅のご予約】山岳リゾートの風格あるクラシックホテル、上高地帝国ホテル滞在ツアー |  トラベルバリュー 旅ガイド
昭和8年(1933年)に日本初の本格的山岳リゾートホテルとして誕生した「上高地帝国ホテル」。スイス・アルプスを思わせる赤い三角屋根と丸太と石材を組み合わせて作られたヨーロッパのおしゃれな山荘風の外観が印象的。雄大な穂高連峰を背景にして、上高地の大自然にみごとに溶け込んでいます。正面玄関をくぐると上階まで吹き抜けの構造となっていて、ロビーラウンジではホテルの象徴ともいえる巨大なマントルピースがお出迎え。上高地の大自然と調和のとれた木の温もりを感じられる空間が広がります。マイカーでは入れない上高地。なかでも、上高地帝国ホテルは予約困難なことで有名なホテルですので、交通機関、ホテルが確約されたパッケージツアーのご利用がおすすめです。

【旅のご予約】上高地のシンボル河童橋のたもとに佇む老舗の名宿「五千尺ホテル」滞在ツアー | トラベルバリュー 旅ガイド

【旅のご予約】上高地のシンボル河童橋のたもとに佇む老舗の名宿「五千尺ホテル」滞在ツアー |  トラベルバリュー 旅ガイド
大正7(1918)年創業の老舗の山岳リゾート「五千尺ホテル」は、上高地のビューポイントである「河童橋」左岸のたもとに佇み、雄大な穂高連峰を眼前に仰ぐ抜群の好立地にあります。きめ細やかな洗練されたサービスにも定評があり、ランチやディナーでは、松本民芸家具を配す雰囲気のあるレストランで、地場の新鮮な食材を使ったこだわりのフランス料理を堪能できます。清流・梓川のせせらぎや、鳥たちのさえずりが間近に聴こえてくる静かな環境、四季折々で様々な表情を見せる上高地の大自然を肌で感じながら、上質の時間を心ゆくまで過ごしてみませんか。
17 件

このページをシェアする