旅のご予約|海外

2018.7.25

「2017年訪れるべき場所」に選ばれた南太平洋最後の楽園(前編)【PR】

「2017年訪れるべき場所」に選ばれた南太平洋最後の楽園(前編)【PR】
アメリカの雑誌「ナショナルジオグラフィック・トラベラー」で“2017年に訪れるべき場所”に選ばれたパプアニューギニア。蒼(あお)く美しい海に囲まれ、山岳地帯は深い緑が織りなす壮大な景観。さらに各地に暮らす多様な民族との出会いは、訪れる旅行者に驚きと感動をもたらします。この前編ではパプアニューギニアのなかでも、日本人が常駐する大型マリンリゾートがあるマダンとハイランドを代表する街の一つゴロカの魅力を、ニューギニア航空がご紹介いたします。

このページをシェアする

< 目次 >

パプアニューギニアはどこにある?

オーストラリアのすぐ上、オセアニアに属するパプアニューギニア

パプアニューギニアはインドネシアと国境を接しているニューギニア島を中心に、約600もの島々で構成されており、世界で最も多様な海洋生態系をもつ「コーラルトライアングル」と呼ばれる海域の中に位置しています。

日本からは南へ飛行機で6時間半。ニューギニア航空が首都ポートモレスビーまで、週2便就航しています。

北西部の街・マダンで多彩なアクティビティを満喫

パプアニューギニア北西部の海岸にある街・マダン

パプアニューギニアの首都・ポートモレスビーから飛行機で1時間、北西部の海岸にある街・マダンは手軽にダイビングやシュノーケリングが楽しめる人気の観光地。

マダンの透きとおる海

マリンアクティビティ―だけではなく、近郊の村を訪れたり民族舞踏を楽しんだりと内陸部での楽しみも充実。リゾートホテルもあり、海を眺めながらのんびりとホテルライフも楽しめます。

魚影が濃いマダンでのダイビング

バラクーダの魚群

マダンでのダイビングは、ギンガメアジやバラクーダ(ギンバラ系)の大物を中心に“とにかく魚影が濃い!”と評判。なかでも主要なダイビングスポットが集まる「マダンリーフ」は、初心者からベテランまで楽しめる懐の深いリーフ(礁)です。

ワンガット島ビーチ前のコーラルにてシュノーケリングで撮影したアネモネフィッシュ

またシュノーケリングでもたくさんの色彩豊かな魚に容易に出会えるので、ダイバーでなくてもマダンの海を存分に楽しめます。おすすめは、マダンを代表するシュノーケリングポイント「ワンガット島」。ビーチ前のコーラル(珊瑚)では、人気のアネモネフィッシュが手軽に撮影できます。

マダンの大型リゾートホテルに滞在

マダンリゾートの客室の一例

ダイビングセンターを併設する、マダンで人気の大型リゾートホテル「マダンリゾート」。パプアニューギニアでも最大規模の広い敷地内には、4つのプールにレストランやカフェなど快適に過ごすための施設が充実。旅の目的に合わせて客室はさまざまな部屋タイプから選べます。

ニューギニダイビングアドベンチャーズの山口さんと現地スタッフ

マダンリゾートに併設されているダイビングショップ「ニューギニダイビングアドベンチャーズ」には、日本人のダイビングインストラクターが常駐。「パプアニューギニアだけでなく、ダイビング自体が初めて」といった初心者の方でも安心して楽しめます。

マダン近郊の村で伝統的な民族舞踏を楽しむ

ハヤ村のシンシン(民族舞踏)

マダンではマリンアクティビティ―のほかにも「ビレッジツアー」で近郊の村を訪れて村人との交流を楽しめたり、またシンシンと呼ばれる各村に伝わる伝統の踊りを見られたりします。踊り手は村で採れる植物や極楽鳥の羽などで出来たカラフルな装飾を身に纏い、エキゾチックなボディペインティングを施して踊ります。

山岳地帯・ゴロカも魅力的なパプアニューギニア

ゴロカの山の風景

パプアニューギニアの首都・ポートモレスビーから飛行機で約1時間。マダンより少し南にある山岳地帯、イースタンハイランド州の州都がゴロカです。パプアニューギニアの最高峰・マウントウィルヘルムの玄関口でもあり、標高は約1,600m。周囲を山々に囲まれ、朝晩は上着が必要なほど涼しい高地です。また海外の様々なメディアに登場している「マッドマン」(泥人間)でも有名。そのユーモラスな姿を一目見ようと、世界各国から観光客が訪れます。

アサロ村のマッドマン

マッドマンで有名なゴロカのアサロ村。全身に泥を塗りつけ、泥でできたお面をかぶった男たちがスローモーションな動きで近づいてくる様は、独特の世界観。最初は驚くものの、ユーモラスな表情とゆっくりした動作が相まって、近づいてくるにつれ愛嬌さえ感じるほど。女性に人気というのも納得な光景です。

マッドマンのマスクで記念撮影

マッドマンのマスクを借りて記念撮影をすれば、忘れられない旅の思い出になること間違いありません。
マッドマンダンスを楽しんだ後は心優しい村人たちとともに、完全なオーガニックで素材の味を堪能できるランチをいただきましょう。鶏肉やイモ類をバナナの葉で包み、焼けた石を載せて蒸し焼きにする「ムームー」という伝統料理がおすすめです。

手軽なハイキングで楽しめる山岳地帯の景色

独特のペイントが印象的な村人がガイド

周囲を山々に囲まれたゴロカは、トレッキングの聖地。簡単なハイキングから本格的なトレッキングまで様々な山歩きのルートが楽しめます。スニーカーでもOKのお手軽なグルポカ山ハイキングはモコモコダンス(ゴーストダンス)を披露する村人が、頼もしく楽しい裸足のガイドとして同行します。

パプアニューギニアはオーガニックフードの宝庫

新鮮なシーフード料理も魅力のパプアニューギニア

自然に恵まれたパプアニューギニアでは、新鮮なシーフードや野菜本来のおいしさを堪能できるムームーなど、山海のグルメも旅の楽しみ。また標高が高く、気温の寒暖差もあるゴロカで栽培されているコーヒーは絶品。他の有名な産地のコーヒーにも引けをとらない味わいは、日本へのお土産にも最適です。

パプアニューギニアへ行くならニューギニア航空

成田空港から首都ポートモレスビーまで就航しているニューギニア航空

首都ポートモレスビーへは、直行便で約6時間半。ニューギニア航空は成田空港より水曜日と土曜日に就航しています。夜に成田を出発すれば、翌日の早朝にはもうパプアニューギニアへ到着。大自然の癒やしと感動の出会いが、旅人の皆さまをお待ちしています。

パプアニューギニアを満喫できる旅行ツアーのご紹介

パプアニューギニアの旅行ツアーイメージ

日本ではその“秘境感”で知られているパプアニューギニアですが、ニューギニア航空を利用すればアクセスも良く、現地の伝統文化や大自然がもたらす非日常的な旅の魅力を短い日数でも存分に楽しめます。

太古の世界が色濃く残るこの“魅惑の楽園”を訪れて、帰国後に日本の皆さまへ自慢してください!
52 件

このページをシェアする

presentトラベルバリュー・プレゼント

道後温泉ふなやから『ペア宿泊券』をプレゼント

道後温泉ふなやから『ペア宿泊券』をプレゼント 愛媛県松山市の伝統とモダンが融合する宿・道後温泉ふなやは、寛永4年(1627年)の開業以来、夏目漱石や正岡子規をはじめ多くの文化人や旅人に愛されてきました。大人時間を彩る旅の情報サイト「トラベルバリュー」では、「道後温泉ふなやのペア宿泊券」プレゼントのご紹介をしています。
プレゼントに応募する 応募には会員登録が必要です。

トラベルバリュー国内ツアー検索

国内ツアー検索ならトラベルバリュー

トラベルバリュー国内ツアー検索では、北海道から沖縄まで全国各地の格安国内ツアーを最安値からテーマ・目的別で検索・比較可能。人気の日帰りバスツアーや、航空券パック、列車+ホテルパックなど、あなた好みの国内ツアーを条件を指定して検索することが出来ます。
国内ツアー検索を見る

メニューから記事を見る