旅のご予約|海外

2018.1.17

熱気球に乗って大空から臨むカッパドキアの奇岩群【PR】

熱気球に乗って大空から臨むカッパドキアの奇岩群【PR】
ヨーロッパとアジア、2つの大陸にまたがる国、トルコ。紀元前までさかのぼる長い歴史を持つこの国には、文明の遺産や異国情緒あふれる風景がたくさんあり、旅行者を魅了しつづけています。なかでも、世界遺産・カッパドキアでは奇岩群が一面に林立する神秘的な景色が見られます。この奇岩群を、はるか上空から一望できる、「ターキッシュエア&トラベル」の熱気球ツアーを体験記形式でご紹介します。

このページをシェアする

眼下に広がるカッパドキアの奇岩群 熱気球ツアー体験記

熱気球ツアーの送迎車

前日まで天気が不安定でしたが、念願のカッパドキア熱気球ツアーに出発。早朝、ホテルに気球会社の車が迎えに来て、スタッフの笑顔の対応で1日が始まります。一度は体験してみたかった気球ツアーに参加できると思うと、なんだか興奮してしまいます。

ビュッフェスタイルの朝食

気球会社のオフィスに着くと、ビュッフェスタイルの朝食のおもてなしが待っていました。熱気球ツアーのあとは、ホテルに戻ってすぐに移動の予定なので、このタイミングで暖かいお食事とトルコチャイの朝食サービスがいただけるのは助かります。日本語が話せるスタッフもいて、会話が弾みます。各国の参加者が徐々に集まってきてオフィスは賑やかになってきました。

移動風景

参加者が集まったところで、いざ、気球が飛ぶ場所に出発です。同じ気球に乗るグループごとに車に乗車します。オフィスで、どの気球に乗るかグループの番号を教えてもらいます。みんなどことなく興奮気味です。

気球に気体が吹きこまれる様子

気球が見えてきました!
空がまだ薄暗いなか、気球に気体が吹きこまれていく姿には興奮しました。オレンジ色の炎が音を立てながら、まるで生命を与えているかのように横たわっている気球に、気体が吹きこまれていきます。思った以上に大きい球皮に圧倒されました。

気球が立った状態

徐々に気球が立ってきました。ビル10階建てくらいの高さでしょうか。気球が立った状態を見ているだけでも感動しました。離陸の準備ができたようです。私のグループが呼ばれました。「さぁ、乗って!」と合図を受けて、順番にゴンドラ(籠)に乗りこみます。

離陸直前の熱気球

ゴンドラに乗るとまず、発着時の注意事項をパイロットから受けます。英語での説明ですが、ジェスチャーなどを加えながら、わかりやすく説明してくれます。さて、いよいよ出発。「ゴー!」という音とともに熱気球が徐々に宙に浮かんでいきます。辺りも明るくなり、いよいよ空の旅が始まります。熱気球は、ゆっくりゆっくりと上昇していきます。

“空の帆船”熱気球で空の散歩

上空に上がると、日の出が迎えてくれます。太陽がオレンジ色の光を放ち、少しずつカッパドキアに光を運んでくる様子が見られます。自然が生み出す美しさを感じる瞬間です。カッパドキア奇岩群に朝日が当たり、地上からは見られない景色が視界に入ります。上空は数々の熱気球で彩られ、空を見ているだけでも楽しいです。熱気球は“空の帆船”と言われていて、風力でゆっくり動きます。静かにゆっくりと、まるで空で散歩をしているようです。

岩の横すれすれを飛行する熱気球

熱気球は熱と風の力だけで、上下に移動しながら、手をのばせば岩肌に触れられるくらい、岩の横をすれすれに飛行してゆきます。操縦しているパイロットの手腕は見事なものです。パイロットからの案内を聞きながら、上空でゆっくりとした時間が過ぎてゆきます。

眼下に広がるカッパドキア地方のブドウ園

眼下にはカッパドキア地方のブドウ園が広がり、昨日飲んだカッパドキアのワインが思い出されます。奇岩群は火山の噴火でできた岩が、長年にわたって雨や強風に浸食されながら、自然の力によって生み出されたものです。

朝日に染まる奇岩群の岩肌

奇岩群に朝日が当たると、岩肌はオレンジ色に彩られ、太陽が昇っていくと黄色に変わり、最後にはそれぞれの岩の色、ピンクや黄色や白の奇岩群が顔を出し、とても不思議な風景が見られます。キノコ岩やたくさんの谷を見ながら、時間の流れをゆっくり感じることが出来ました。まるで異次元の世界に迷い込んだようです。

パイロットは上空でもグランドクルーと無線で交信

パイロットは常にグランドクルーと無線で交信を続け、グランドクルーは車で気球を追いかけながら、風向きや着陸地の確認を行っています。

地上で待機するグランドクルー

いよいよ着陸態勢に入ってきました。徐々に高度を下げながら、空き地に向けて着陸態勢に入ります。

着陸の様子

パイロットとグランドクルーとのチームワークで無事着陸できました。参加者からの盛大な拍手がなりやみません。

パイロットとの記念撮影

ゴンドラから降りるとシャンパンで乾杯、飛行証明書が渡されます。この間に熱気球は手際よくたたまれ、片付けられていました。パイロットとの記念撮影など終わってひと息ついたら、あとは送迎車でホテルに戻るだけです。早朝から始まる熱気球ツアーは初めから最後まで感動の連続でした。スタッフの皆様も大変気さくな方々で、パイロットは技術の面でも、飛行中の案内に関しても大変素晴らしかったです。一緒に参加した外国人グループも興奮気味でした。
東西文化が行き交う古都、長い時間をかけて自然が生み出した類まれなる奇岩群・カッパドキアやイスタンブールなど、世界遺産を巡るトルコ旅行を、次の旅で実現してみませんか。カッパドキアでは1度は泊まってみたい洞窟ホテルや、大人気・気球ツアーをおすすめします。

ターキッシュエア&トラベル

ターキッシュエア&トラベル
トルコツアーをお考えなら、安心のトルコ旅行専門の旅行会社『 ターキッシュエア&トラベル 』へ! 最大でも10名以下で巡る、おひとり様2席利用のグループツアー(4名催行)のほか、1名催行のアレンジ自由自在プライベートツアーやオーダーメイドツアーもお任せください。友人や家族との思い出作りの旅、またはトルコひとり旅の方も歓迎です。
36 件

このページをシェアする

presentトラベルバリュー・プレゼント

高級ブランド『間人(たいざ)ガニ』(1杯、1.2kg以上)

山陰地方の特産である松葉がにの中でも京都丹後の間人港で水揚げされる希少価値の高いカニです。風光明媚「食と伝統を紡ぐ海の京都 丹後の冬」公開にあわせ、贅沢な間人ガニを抽選で3名様にプレゼントいたします。なかなか手に入らないカニですので、どしどしご応募ください。
プレゼントに応募する 応募には会員登録が必要です。

メニューから記事を見る