ニュース|北海道

2017.9.7

荷物預かりサービス「ecbo cloak」が北海道上陸

荷物預かりサービス「ecbo cloak」が北海道上陸
2017年9月6日(水)ecbo株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:工藤慎一)が運営する荷物一時預かりシェアリングサービス「ecbo cloak(エクボクローク)」の北海道進出を発表します。

このページをシェアする

「ecbo cloak」は今年1月に東京都内でスタートした、「荷物を預けたい人」と「荷物を預かるスペースを持つお店」とをつなぐシェアリングサービスです。カフェやショップを荷物預かり所にし、おもてなし体験を提供します。すでに京都、大阪、福岡、沖縄でも展開しており、このたび北海道でも正式にサービスを開始致しました。

サービス開始の背景には、札幌市に拠点を置く不動産会社、EZO CONSULTING GROUP株式会社(本社:北海道札幌市、代表取締役社長:田中雄土)との業務提携があります。札幌本社はecbo cloak加盟店の一つでもあります。ecbo株式会社はEZO CONSULTING GROUP株式会社の協力を得ながら、札幌市を拠点に北海道の加盟店舗開拓を進めていきます。北海道全体で今後400店舗の加盟を目指します。

■ecbo cloakを北海道で始める理由

昨年北海道を訪れた訪日外国人数は222万9,900人で、前年に比べて17.2%増加、年々過去最高を更新しています。北海道の国際観光の特徴としては、外国人観光客の9割近くがアジア圏であることが挙げられ、ecbo cloakユーザーの約9割もアジアを中心とした外国人観光客であることから、高い利用率が期待できます。

札幌市内での荷物預かりの現状を見てみると、例えば札幌駅付近のコインロッカーの総数は約1,800個ありますが、そのうちスーツケースが入る大型サイズのものはたった178個しかありません(*​当社調べ)。

これから秋冬にかけて札幌では様々なイベントが予定されています。現在開催中の札幌国際芸術祭2017や、9月に開催されるモエレ沼芸術花火、さっぽろオータムフェストから、毎年恒例の2月のさっぽろ雪まつりまで、国内外からたくさんの観光客が札幌を訪れます。まずはこの札幌を中心にecbo cloak加盟店を増やしていき、荷物預かり需要に対応してまいります。

北海道は2020年の訪⽇外国⼈来道者数目標を500万人としています。ecbo cloakを通じて北海道を訪れる訪日外国人をはじめとした観光客が身軽に観光ができるよう、利便性の高い加盟店を増やしていくと共に、加盟店を訪れることで店頭でのコミュニケーションを増やし、消費活動をも促していく役割を果たしていきたいと考えています。

■北海道のecbo cloak加盟店

札幌市を中心に、様々な業態の店舗が加盟しています。着物を着て茶道体験を楽しめる「蓮」は、外国人観光客が日本の文化に触れることのできるスペースです。パンケーキが美味しいカフェ「ジミーブラウン」は札幌の中心地、大通り駅近くの便利な立地に店を構えています。それ以外にも外国人観光客にぜひ試してもらいたいライスバーガーが食べられる「Temp」、小樽にある硝子工房「虹霓舎」など、荷物を預けるだけでは終わらない魅力的なスペースが揃っています。

■北海道限定のプロモーションコード

今回のローンチに際して、北海道地域でecbo cloakを利用する際に使用できるプロモーションコードを発行しました。ぜひ北海道で荷物を預ける際にご活用ください。

プロモコード:ecbo-HKD (初回利用につき300円分無料クーポン)
※使用期限:2017年9月末まで

■荷物一時預かりシェアリングサービス「ecbo cloak」とは

「ecbo cloak」は、「荷物を預けたい人」と「荷物を預かるスペースを持つお店」とをつなぐシェアリングサービスです。現在、カフェ、美容院、レンタサイクル、着物レンタル店、コワーキングスペース、神社などの多種多様なスペースで荷物の一時預かりを行っています。

■ecbo cloakを導入する店舗のメリット

ecbo cloakを導入することによって、加盟店舗には副収入になったり集客につながるなど、様々なメリットが生まれます。空きスペースを有効活用したい店舗オーナー様、インバウンド客を積極的に呼び込みたい方、外国人だけでなく既存の日本人顧客様に新たに荷物預かりの選択肢を増やしたい方、お店の認知を国内外に広めたい方には非常に有効的なツールです。
「ecbo cloak」では全国で加盟していただける店舗を募集しています。飲食店に限らず、スタッフが常駐しており弊社の基準をクリアした店舗様はどなたでも登録していただけます。

■オーナー登録はこちらから:https://cloak.ecbo.io/ja/owners/sign_up

今回の北海道ローンチにご協力いただいたEZO CONSULTING GROUP株式会社は、不動産業界だけにとどまらず、業界を超えて新しい取り組みを多数行っており、弊社と共に利用者に新しい体験を届けていただいています。今後も引き続き、全国の地域で地元の商業店舗と多くの信頼関係を築いており、ecboのビジョンを共に店舗に伝えていけるパートナー様を募集しております。
■ecbo株式会社とは
「人のモノの所有の仕方」を、テクノロジーとデザインでより良くしていく企業です。
「荷物のない世界」を目指すべく、「保管」と「共有(シェア)」をキーワードにサビース開発しています。

■代表取締役 / プロフィール
・工藤 慎一 / クドウ シンイチ
・1990年生まれ。日本大学経済学部卒。
・2014年、Uber Japan 株式会社にてインターンを経験。
・2015年6月、ecbo株式会社を設立し代表取締役社長に就任。
・2017年1月、世界初のシェアリングサービス「ecbo cloak」を立ち上げ。

■ecbo cloak誕生の背景
代表の工藤がある日渋谷で、訪日外国人に「スーツケースの入るコインロッカーを探している」と相談を受けて一緒に40分も探したが見つからない。デジタル時代を迎え、日々の生活でこれほど非効率なことが起きていることに驚き、生活者目線で考えた末この「ecbo cloak」のサービスが誕生しました。

■今後の展開
政府は、2020年までに訪日外国人4000万人を目指しています。ecbo株式会社は、ecbo cloakを通して、 訪日外国人旅行者がストレスなく、快適に観光を満喫できる環境整備をしていきます。2017年度内に全国10,000店舗の加盟を目指しており、今後も日本全国の主要都市・観光地に進出していきます。また iOS / Androidアプリも順次リリースします。ecbo cloakは「日本のおもてなし」サービスの一翼を担うものと確信しています。

■ecbo cloak 北海道プレスキット
■会社概要
【ecbo株式会社】
代表: 代表取締役社長 工藤慎一
設立年月日: 2015年6月2日
会社ページ: https://ecbo.io
住所: 東京都渋谷区恵比寿南 3-4-13 青柳ビル2階
主な事業: 店舗の遊休スペースを使った荷物預かりプラットフォーム「ecbo cloak」を運営

【EZO CONSULTING GROUP株式会社】
代表: 代表取締役 田中 雄土
設立年月日: 2015年5月19日
会社ページ: http://ezo-c-g.co.jp
住所: 北海道札幌市中央区南4条東4丁目7番1号
事業概要: 不動産の売買仲介、管理、企画、開発、リノベーション、不動産の有効活用のご提案
<画像提供:ecbo株式会社>
15 件

このページをシェアする