旅のご予約|京都府

2017.9.8

秋の京都 紅葉狩りで訪れたい寺院や絶品スイーツ

秋の京都 紅葉狩りで訪れたい寺院や絶品スイーツ
紅葉狩りを堪能できる寺社が数多く存在する京都。紅葉が見頃を迎える11月中旬ごろに訪れたい紅葉の名所や秋の絶品スイーツなど、トラベルバリュー 風光明媚や食彩で訪れた京都のおすすめ観光スポットをご紹介。

このページをシェアする

毘沙門堂

毘沙門堂の参道

緩やかな参道が赤く染まることで有名な毘沙門堂は、山科盆地を見下ろす高台にひっそりと佇む、天台宗の門跡寺院。御本尊に京都七福神の一つである毘沙門天を祀ることから、毘沙門堂と呼ばれている。例年11月中旬頃から紅葉が楽しめ、11月23日には紅葉祭りも開催される(2017年度)。

毘沙門堂本堂から眺める紅葉

秋にはカエデやドウダンツツジなどが色づく毘沙門堂の境内。高台寺から遷座された高台弁財天が祀られている弁天堂や、江戸初期の回遊式庭園・晩翠園(ばんすいえん)など建物や庭園も必見。

南禅院(南禅寺)

南禅寺境内にある南禅院

南禅寺は正応4年(1291年)亀山法皇によって開山された、臨済宗南禅寺派の総本山。約4万5000坪もの敷地を誇る境内には、禅宗様式の伽藍や塔頭寺院が点在。秋になると境内の歴史的建造物と紅葉の美しい共演が楽しめる。

南禅院の池泉回遊式庭園

なかでも亀山法皇が作庭したと伝わる庭園・南禅院は頭上や水面に映える紅葉を間近でじっくり眺められる「池泉回遊式庭園」となっている。

永観堂(禅林寺)

永観堂の紅葉ライトアップ(錦雲橋付近)

空海(弘法大師)の高弟・真紹僧都が貞観5年(863年)に創建し「永観堂」の呼び名で知られる、浄土宗西山禅林寺派総本山の寺院・禅林寺。毎年秋の夜間拝観時には敷地内の紅葉が美しくライトアップされ、多くの人でにぎわう。

永観堂の紅葉ライトアップ(放生池と多宝塔)

放生池の周りを囲う「岩垣もみじ」をはじめ、境内には約3000本のカエデが植えられており、山・庭・水際と様々なロケーションで夜の紅葉が楽しめる。

茶寮 八翠

茶寮 八翠の翡翠もち

築100年を超える歴史的建造物 旧「八賞軒」の伝統を現代に継承し、目の前を流れる保津川や嵐山の四季の移ろいを一望できるテラス席が魅力のカフェ。和スイーツ「翡翠もち」は、季節を問わない人気メニュー。

茶寮 八翠のテラス席から見る嵐山

全14席のテラス席では保津川や嵐山の紅葉を眺めつつ、京都・一保堂茶舗の茶葉を使った焙じ(ほうじ)茶や各種和スイーツを堪能できる。

デザートカフェ長楽館

デザートカフェ長楽館のアフタヌーンティーセット

明治42年(1909年)に“京都の煙草王”村井吉兵衛によって建てられた迎賓館の中にあるカフェ。建物および館内の調度品含めて京都有形文化財であり、ロココ調の「迎賓の間」でのアフタヌーンティーセットは、至福のひとときをお約束。

秋の風が心地よい中2階のテラス席

中2階のテラス席は目の前の紅葉や眼下に広がる円山公園の秋の風景をゆったりと眺められる、四季を身近に感じられる特等席の一つ。

錦秋の京都・風光明媚ダイジェストムービー

錦秋の京都 自然が織りなす圧倒的な造形美 | トラベルバリュー

錦秋の京都 自然が織りなす圧倒的な造形美 | トラベルバリュー
秋の京都は自然が織りなす圧倒的な造形美が広がります。深紅に染まる参道のある毘沙門堂やライトアップで魅了する永観堂など美しい京都の紅葉スポットを大人時間を彩る旅の情報サイト「トラベルバリュー」の特集ページ「風光明媚」でご紹介します。

京都のエレガントな和洋スイーツカフェ | トラベルバリュー

京都のエレガントな和洋スイーツカフェ | トラベルバリュー
大人時間を彩る旅の情報サイト「トラベルバリュー」の特集ページ「食彩」では、京都散策途中で落ち着いたひとときを過ごしたい方へ最適な和洋カフェをご紹介します。

秋の京都で愉しむ紅葉と和洋絶品スイーツ | トラベルバリュー

秋の京都で愉しむ紅葉と和洋絶品スイーツ | トラベルバリュー
「トラベルバリュー」のギャラリーでは、秋の紅葉シーズンに訪れたい京都の和洋絶品スイーツを提供する店舗をフォトアルバム形式でご紹介します。
33 件

このページをシェアする