旅のご予約|北陸

2017.12.6

越前がに、松葉ガニなど ブランドがにを楽しむツアー

越前がに、松葉ガニなど ブランドがにを楽しむツアー
冬の味覚の王様、かに。旨味いっぱいの身は寒い季節ならではのごちそうです。かにのなかでも、越前がにや松葉ガニなど、水揚げされた地域や港によって選別されるブランドがにを楽しめるツアーをご紹介します。水揚げされたばかりの鮮度にこだわったかにが食べられるのは、現地に行くツアーならではです。

このページをシェアする

ズワイガニは、産地によってさまざまな名称があり、福井県では越前(えちぜん)がに、石川県では加能(かのう)ガニ、丹後の一部では間人(たいざ)ガニ、山陰では松葉(まつば)がにと呼ばれます。また、兵庫県の香住漁港が産地の紅ズワイガニは、香住(かすみ)ガニと呼ばれています。
大きさ、品質など、一定の基準を満たすかにには、ブランドがにとして脚に識別用のプラスチックタグが取り付けられます。タグは産地によって色が違い、漁港名、漁船名が記載されるので、地元で獲れたかにか、そうでないかも、ひと目でわかります。タグ付きのかには、他の産地との差別化を図る信頼の証とされています。
かには育った海域の違いにより、塩分、プランクトンの量や種類が異なるため、その味わいにもそれぞれの特徴が出てきます。

北陸のかに

【福井県・越前がに】

越前がに

北陸で水揚げされるズワイガニは、蟹の中でも上品な甘みのある肉質で知られ、濃厚な味噌も特徴です。福井県の越前海岸で水揚げされるのは、越前がに。市場での目印は黄色いタグです。越前がにが育つ日本海三国沖は、暖流と寒流のぶつかる場所にあたり、プランクトンや小魚が豊富。良質な多くの餌に恵まれ、荒波にもまれながら育つことにより、身がぎゅっと引き締まったかにになります。

冬の寒さ、海水の冷たさも旨みを増す要因になっており、全国各地の蟹の中でもとりわけ美味とされる越前がには、皇室に献上されています。茹でがにはもちろん、かに刺しや焼きがににもおすすめで、甲羅の中の味噌も存分に楽しめます。
【石川県・加能ガニ】

加能ガニ

石川県の加賀・能登の漁港で水揚げされるズワイガニは、加能ガニと呼ばれます。市場での目印は水色のタグです。加能ガニのうち、雌のズワイガニは香箱ガニと呼ばれます。小ぶりながらぎっしりと身が詰まっており、濃厚な甘みが特徴。出汁がよく出るので、鍋にも人気です。「外子」と呼ばれる茶色くつぶつぶとした卵と、「内子」と呼ばれる甲羅の中のオレンジ色の卵の2つが味わえます。県外の市場にはあまり出回っておらず、地元でこそ味わえるグルメです。
一方、雌の香箱ガニより非常に大きな雄の加能ガニは、やや高価ですが、上品な甘みをたたえた身をたっぷりと味わえます。シンプルに茹でがになどで味わうのがおすすめです。

関西のかに

【兵庫県・香住ガニ】

香住ガニ

兵庫県の香住漁港で水揚げされる紅ズワイガニは、香住ガニと呼ばれます。ズワイガニより小ぶりで、生でも赤く、市場での目印は白いタグです。水深が深いところに生息する香住ガニは、ミネラルたっぷりの海洋深層水で育つため、甘味があり、みずみずしくやわらかな身が特徴。餌を入れたかごを海底に沈める「カニかご漁」という漁法で獲られます。茹でがにはもちろん、鍋、焼きがに、かに刺しなど、さまざまな調理法で楽しめます。比較的手ごろな価格なのもうれしいポイントです。
【京都府・間人ガニ】

間人ガニ

京都から島根県の沖合で水揚げされたズワイガニは松葉がにと呼ばれます。松葉がにのなかで、さらに京都府丹後町・間人漁港で水揚げされるものは、間人ガニと呼ばれます。小型の底引き網船での漁なので、天候が荒れた日には漁ができないことも多く、水揚げ量が少ないため、「幻のカニ」とも呼ばれています。市場での目印は緑色のタグ。プランクトンが豊富な海底に生息する間人蟹は、身の詰まりが良く、味、品質とも最高級とされています。日帰り漁が中心のため、鮮度・肉質ともに抜群、その旨味を求めて全国から丹後半島・間人に旅行者がやってくるほどの評判です。

山陰のかに

【山陰地方・松葉がに】

松葉がに

京都府から島根県の沖合で水揚げされたズワイガニは松葉がにと呼ばれます。九州側から流れ込む暖流と北海道側から流れ込む寒流がぶつかる山陰沖では、プランクトンが多く生息しています。豊富なプランクトンをえさとして育ち、荒波にもまれてしまった身は甘く上品な旨味があります。また、甲羅についた黒い斑点、ぎっしりと詰まった弾力のある足、濃厚なカニ味噌が特徴です。
松葉がには、生きている状態で入荷され、身入りの状態が良い個体にのみ、産地ごとにタグがつけられます。特に甲羅大きさが11cm以上で高品質な鳥取松葉がには有名で、白地に赤い文字の識別タグがつけられます。
ツアーなら、かにのフルコースや、かにソムリエが食べ方をレクチャーするコース、他県になかなか出回らない鮮度抜群のかにが楽しめるコースなど、そのバリエーションもさまざま。かに以外にも、ご当地グルメや、街歩き、温泉、市場や寺社などの観光スポットを楽しめるツアーも多数あります。特に雄のズワイガニの2017年の漁期は11月6日から翌3月20日まで。この短い期間ならではの美味をぜひお楽しみください。

【食彩】漁港直送の旬を味わう 越前がにと冬の味覚

【食彩】漁港直送の旬を味わう 越前がにと冬の味覚
大人時間を彩る旅の情報サイト「トラベルバリュー」の特集ページ「食彩」では、福井県坂井市三国港付近でいただける越前がにや海鮮、甘エビなどを提供する店舗をご紹介します。
27 件

このページをシェアする