ニュース|海外

2017.12.11

ゴールドコーストマラソン2018 エントリー開始

ゴールドコーストマラソン2018 エントリー開始
クイーンズランド州政府観光局(オーストラリア クイーンズランド州ブリスベンCEO:リアン・コディントン)の日本事務所(港区虎ノ門、日本局長 ポール・サマーズ)は、ゴールドコーストマラソンのエントリーが12月5日(火)に開始されたことを発表しました。

このページをシェアする

第40回目を迎える2018年の大会は6月30日(土)および7月1日(日)に開催され、オーストラリア国内のみならず、海外からもさらに多くの参加者が期待されています。種目は昨年同様、フルマラソン、ハーフマラソン、10キロラン、5.7キロファンラン、2㎞&4㎞ジュニア・ダッシュ、車椅子フルマラソン、車椅子15㎞マラソンと数多くあり、幅広い層が楽しめる大会となっています。

日本人参加者向けのイベントとしては、毎年行われているマラソン前日のモーニングランに加えて、今年は大会40周年を記念して、広報大使の谷川真理さん、招待選手の川内優輝選手のほか、川内さんファミリーも参加するアフターパーティーが行われる予定です。会場はゴールドコーストの中心サーファーズパラダイスにある超高層ビルQ1の78階にある「スカイポイント」の宴会場となります。地上230メートルからゴールドコーストの夕景を眺めながら、谷川さんや川内さんの楽しいトークと共に大会を締めくくる夕食会に参加してみませんか。お申し込みは大会ホームページから。

日本からゴールドコーストへは、成田空港からカンタス航空がブリスベン空港まで、ジェットスター航空がゴールドコースト空港まで直行便を運航しているほか、シドニー経由では、羽田空港からカンタス航空および全日空、成田空港から日本航空、そして関西空港からカンタス航空が運航しています。また、第3国経由ではキャセイパシフィック航空、シンガポール航空、大韓航空、中華航空やタイ航空の利用も可能です。
(*ブリスベンからゴールドコーストへは車で1時間程度。)

ゴールドコーストマラソンとは:
ゴールドコーストマラソンは2018年に40回目を迎える市民マラソン大会です。7月のゴールドコーストは温度、湿度共に低く、カラっと快適な天候の下、走っていただけます。日本との時差も1時間と体調管理がしやすく、高低差8メートルのコースは初心者、記録更新を目指す方共にお勧めです。フルマラソンは海岸線から昇る朝日を浴びながら海岸沿いのコースを走るコースとなっています。


ゴールドコーストマラソン2018
6月30日(土) 10キロラン/5.7キロファン/ジュニアダッシュ
7月1日(日) ハーフマラソン/ フルマラソン

大会ホームページ:
http://gcm.jp
大会映像:
https://www.youtube.com/user/GCMarathon
クイーンズランド州政府観光局サイト:
http://queensland.com/
<画像提供:クイーンズランド州政府観光局>

ゴールドコーストマラソン2018 | 2018年6月30日(土)・7月1日(日)開催

ゴールドコーストマラソン2018 | 2018年6月30日(土)・7月1日(日)開催
初夏、南半球のゴールドコーストはマラソンに最適なシーズンを迎えます。高低差わずか8mのフラットなコース、涼しく最適な気温条件の中、美しい海岸沿いを走り抜けます。フルマラソンにハーフマラソン、ウォーク&ランや子供も一緒に楽しめるジュニアダッシュと種目も充実。日本との時差も1時間。ビギナーにも参加しやすいゴールドコーストマラソンに出場してみませんか?
9 件

このページをシェアする

presentトラベルバリュー・プレゼント

高級ブランド『間人(たいざ)ガニ』(1杯、1.2kg以上)

山陰地方の特産である松葉がにの中でも京都丹後の間人港で水揚げされる希少価値の高いカニです。風光明媚「食と伝統を紡ぐ海の京都 丹後の冬」公開にあわせ、贅沢な間人ガニを抽選で3名様にプレゼントいたします。なかなか手に入らないカニですので、どしどしご応募ください。
プレゼントに応募する 応募には会員登録が必要です。

メニューから記事を見る