旅のご予約|全国各地

2018.9.4

焼き物の産地で掘り出し物に出会う 全国の陶器市

焼き物の産地で掘り出し物に出会う 全国の陶器市
全国津々浦々で開催される陶器市。芸術性の高い陶器から普段使いの食器まで、様々な陶器が一堂に会するお祭りです。掘り出し物や破格の値段の陶器が買えたり、新旧の陶器に触れられたりするのも陶器市の魅力。また、各地で活躍する窯元や陶芸家とコミュニケーションがとれる貴重な機会でもあります。ここでは全国の陶器市のなかでも有名な5つを紹介します。(写真:益子焼)

このページをシェアする

< 目次 >

益子陶器市(栃木県)

益子陶器市

関東で有名な陶器市と言えば、毎年ゴールデンウイークと文化の日の前後に開催される「益子陶器市」です。益子焼の産地・益子町は、栃木県の南東に位置する小さな町。週末には沿線の真岡鐵道でSLが走るなど、どこか懐かしい風景に出会えます。益子焼の特徴は、重厚な色合いと、厚手でぼってりとしていること。益子町では上質な陶土がとれ、江戸へのアクセスが良かったため、江戸時代末期から陶器の生産が始まり、やがて益子焼で有名な町になりました。現在、町内には陶器店が50店舗、窯元が約250あります。

そんな陶器の町・益子町で開催される「益子陶器市」は、益子陶芸美術館「陶芸メッセ益子」を中心に、城内坂通り、里山通り、益子参考館前通り一帯で行われます。「益子陶器市」の期間中は、町内を巡回バスが運行。約50店舗の販売店や約500のテントが軒を連ね、日用品から美術品まで多くの品が並びます。

【第102回益子秋の陶器市】
日程:
2018年11月2日(金)~11月5日(月)
9:00~17:00

会場:
栃木県益子町 町内各所(城内坂、サヤド地区中心)

URL(益子町観光協会):
http://blog.mashiko-kankou.org/ceramics_bazaar/

笠間の陶炎祭(かさまのひまつり)(茨城県)

笠間の陶炎祭

茨城県笠間市の「笠間の陶炎祭」は、毎年、春の「益子陶器市」とほぼ同時期に開催されます。益子と笠間は縁が深く、益子焼のパイオニア・大塚啓三郎は笠間で修行したこともあります。笠間焼は「特徴がないことが特徴」と言われるほど、作風は自由。作品も、実用的なものから芸術性の高いものまで多岐に渡ります。

「笠間の陶炎祭」は、昭和57年(1982年)に始まり、平成22年(2010年)には来場者が30万人を超える大きなお祭りとなりました。祭りのメイン会場は「笠間芸術の森イベント会場」です。「笠間の陶炎祭」開催中は、「益子陶器市」と「笠間の陶炎祭」の二つの会場を45分で結ぶ直通バスが運行するので、二つの陶器市を楽しむのもおすすめです。

【笠間の陶炎祭】
日程:
2018年4月29日(日)〜2018年5月5日(土)
9:00~17:00

会場:
笠間芸術の森公園イベント広場

所在地:
茨城県笠間市笠間2345

URL(笠間の陶炎祭公式HP):
http://www.himatsuri.net/

しがらき駅前陶器市(滋賀県)

信楽焼のたぬきの置物

信楽焼は、滋賀県信楽町を中心に造られ、その起源については諸説ありますが、日本六古窯のひとつに数えられます。信楽焼と言うとたぬきの置物で有名ですが、「八相縁起」と言って、笠、笑顔、大きな目、大きなお腹、太いしっぽ、徳利、通い帳、金の袋にそれぞれ厄除けや正しい判断、人徳、金運上昇など幸福にまつわる意味があるとされています。信楽焼の特徴は、赤く、ところどころ黒みが混ざる独特の色合い。徳利や茶器、花瓶、水瓶、植木鉢などが作られています。

「しがらき駅前陶器市」の会場は、滋賀県甲賀市信楽町の信楽駅前広場。毎年、日程は少しずつ違いますが、ゴールデンウイーク付近に開催されます。陶器の販売や地元の名産品・食の販売が行われます。

【春のしがらき駅前陶器市】
日程:
2018年4月28日(土)~5月6日(日)
9:00~17:00

会場:
信楽高原鐵道 信楽駅前広場

所在地:
滋賀県甲賀市信楽町

URL(滋賀県観光情報):
https://www.biwako-visitors.jp/event/detail/17488

波佐見陶器まつり(長崎県)

波佐見焼の器

「やきものの町」と自らも宣言する長崎県波佐見町では、波佐見焼の生産が江戸時代から続けられています。江戸時代後期には、大村藩の特産品として全国一の磁器生産量を誇りました。波佐見焼の日用食器におけるシェアは、現在も国内有数です。

波佐見町が1年で最も活気づくのが「波佐見陶器まつり」です。毎年、4月29日から5月5日までの間、町内のやきもの公園広場をメイン会場に、色とりどりの食器が並びます。2018年には60回目の佳節を迎えます。「波佐見陶器まつり」に出品される陶器は、和洋問わず使えるデザイン性の高いものが多く見られます。「波佐見陶器まつり」では、上絵付け体験やロクロ体験などができるのも魅力です。

【60th 波佐見陶器まつり】
日程:
2018年4月29日(日)〜2018年5月5日(土)
9:00~17:00

会場:
やきもの公園広場(本会場)
波佐見・有田インター広場(第2会場)

所在地:
長崎県東彼杵郡波佐見町井石郷

URL(波佐見陶器まつり協会):
http://hasamiyaki.com/toukimatsuri/top.html

有田陶器市(佐賀県)

有田焼の急須

有田焼は、透明感ある美しさ、繊細で華やかな絵付け、硬質で薄く軽いのが特徴です。有田焼の始まりは17世紀初頭と言われています。17世紀中頃に多彩な色での上絵付けが始まると、有田焼が輸出されたヨーロッパで高い評価を得るようになります。有田焼の技術はドイツのマイセン窯などでも取り入れられたほどでした。

毎年4月29日から5月5日まで、佐賀県有田町周辺で開催される日本最大の陶器市が「有田陶器市」です。期間中の来場者は約120万人、JR上有田駅とJR有田駅の間の約3kmの道は歩行者天国となります。「有田陶器市」では、陶磁器を安く買えるだけでなく、例年、工夫を凝らしたイベントや店舗が目立ちます。寺でのお茶会や期間限定のカフェ、チャリティー福袋が用意されることも。また、約40店舗が参加するテーブルコーディネート展も見どころです。

【第115回 有田陶器市】
日程:
2018年4月29日(日)〜2018年5月5日(土)
※営業時間は店舗ごとに異なります。

会場:
JR上有田駅からJR有田駅の道路沿い

所在地:
佐賀県西松浦郡有田町周辺

URL(第115回 有田陶器市):
http://www.arita-toukiichi.or.jp/
18 件

このページをシェアする

presentトラベルバリュー・プレゼント

青森県十和田市のブルワリーから『奥入瀬ビール』をプレゼント

奥入瀬ビールは、選び抜かれた麦芽とホップを奥入瀬の源流水で仕込み、本場チェコに学んだ技術で醸造されたこだわりの地ビールです。大人時間を彩る旅の情報サイト「トラベルバリュー」では、「奥入瀬ビール10本セット」プレゼントのご紹介をしています。
プレゼントに応募する 応募には会員登録が必要です。

トラベルバリュー国内ツアー検索

国内ツアー検索ならトラベルバリュー

トラベルバリュー国内ツアー検索では、北海道から沖縄まで全国各地の格安国内ツアーを最安値からテーマ・目的別で検索・比較可能。人気の日帰りバスツアーや、航空券パック、列車+ホテルパックなど、あなた好みの国内ツアーを条件を指定して検索することが出来ます。
国内ツアー検索を見る

メニューから記事を見る