ニュース|青森県

2017.6.19

伝統工芸品のデザインを取り入れた寛ぎの空間ラウンジが9月オープン

伝統工芸品のデザインを取り入れた寛ぎの空間ラウンジが9月オープン
「星野リゾート 青森屋」敷地内の公園に、2017年9月1日、「八幡馬(やわたうま)ラウンジ」がオープンします。青森の伝統工芸品「八幡馬」に描かれた模様を設えに取り入れており、ドリンクを飲みながら寛ぐことができます。(写真:イメージ)

このページをシェアする

開放感あふれる寛ぎの空間

青森屋敷地内の公園に佇む古民家群のひとつを改装し、落ち着いたひとときを過ごすことができる八幡馬ラウンジを新設します。青森県南部地方の伝統工芸品・八幡馬や、それに描かれた模様をデザインに取り入れた照明が照らす空間で寛ぐことができます。大きな窓から夕日や月を眺め、ゆったりと過ごすことができます。

伝統工芸品「八幡馬」のデザイン

イメージ

八幡馬は、良馬の産地として知られていた青森県南部地方の伝統工芸品です。胴に描かれた華やかな模様は、花嫁を乗せる際に馬が身に付けた盛装を表していると言われています。さらに、南部地方にゆかりがある菊の花や家紋も描かれています。

秋の夜長に響き渡る笛の生演奏

イメージ

夜には、スタッフが公園内で笛の生演奏を行います。ラウンジからも演奏を聞くことができ、優しい笛の音を聞きながらゆったりとした時間を過ごすことができます。

概要

■オープン日:2017年9月1日
■料金:1,500円(税・サ込)
*コーヒー、日本酒の提供
■時間:10:00~22:00
■対象:宿泊者限定(予約不要)
■座席数:16席
■笛の生演奏:
①18:30 ②19:30 ③20:30
(実施期間:2017年9月1日~11月30日)
<画像提供:株式会社星野リゾート>
13 件

このページをシェアする

メニューから記事を見る