【桜・見ごろ】嵐山

【桜・見ごろ】嵐山
古都・京都の春の装い
標高375m、大堰川を挟んでそびえる嵐山。国指定の名勝・嵐山一帯は春になるとおよそ1500本の桜で薄紅色に彩られる。ソメイヨシノ、山桜、八重桜、枝垂桜など様々な品種が咲き誇り、辺りを華やかに演出。人気のビューポイントは中ノ島公園。渡月橋を背に可憐に咲く花を愛でることができる。

開催情報

会場
渡月橋 周辺 開催場所の地図を見る
開催期間
2018年3月下旬 ~ 2018年4月上旬
開催時間
--:-- ~ --:--
開催備考
気候により見ごろ時期の前後あり
参加料金
無料
住所
京都府京都市右京区嵯峨中ノ島町
アクセス(公共交通)
JR「嵯峨嵐山」駅より徒歩約15分、阪急嵐山線「嵐山」駅より徒歩約5分
アクセス(自動車)
名神高速道路「京都南」ICより約40分
駐車場
あり(200台 周辺の駐車場を利用 ※有料(800円~1000円) 混雑が予想されるため公共交通機関の利用を推奨)
お問い合わせ先
075-861-0012 嵐山保勝会
ホームページ
http://www.arashiyamahoshokai.com/
備考

※開催情報や施設の営業時間等は変更になる可能性があります。ご利用の際には、事前に主催者にお問い合わせください。

情報提供元: イベントバンク

このページをシェアする

このイベント近隣のイベント

松尾寺 寺宝春季展覧

2018.3.18 ~ 2018.5.20

京都府

西国三十三所の第29番札所である松尾寺で、寺宝春季展覧を行う。松尾寺の寺宝(国宝や重要文化財)や、今回初めて草創に関わる「千歳の松」を特別に公開。松尾寺を開創した威光上人が、その松の根元で馬頭観音を感得されたと伝わる霊宝。日本最古の巡礼所33寺院で構成する「西国三十三所札所会」による「西国三十三所草創1300年記念事業」の一環。

秘仏「大隨求菩薩」御開帳 -春季-

2018.3.2 ~ 2018.3.18

京都府

西国三十三所の第16番札所である清水寺で、秘仏「大隨求菩薩」御開帳を行う。衆生の願い、求めに随って、どんな願いでも叶えてくれるという大功徳をもつ大随求菩薩を特別に公開。この随求堂で御本尊の居開帳を行うのは222年ぶり。日本最古の巡礼所33寺院で構成する「西国三十三所札所会」による「西国三十三所草創1300年記念事業」の一環。

京都・和食の祭典

2018.3.4

京都府

京都に脈々と伝わる和食文化。その源流となる京料理から地域の郷土料理まで日本の伝統的な食文化を学び、味わい、体験できるイベント。有名料亭合作特別限定点心弁当、和食料理人による大根炊き・粕汁の販売、料亭つくるの「ほんまもんの出汁」の試飲など…その他様々な「食」にちなんだブース出店があり、和食が味わえる。料亭の主人達によるトークイベントも必見。

メニューから記事を見る