ながい雪灯り回廊まつり

ながい雪灯り回廊まつり
長井市
人から街へ 繋がる幻想世界
まちじゅうが柔らかなオレンジ色の灯りに包まれる、幻想的な雰囲気の長井の冬のおまつり。寒い冬の夜に、各商店街通りや道路沿いに、ほんのりと明るい雪灯りが燈される。また、市の有形文化財に指定されている「小桜館」ではライトアップを実施予定。幻想的な灯りがともる一夜を楽しもう。

開催情報

会場
長井市街地(長井駅前・桑島記念館・小桜館・タスビル)他 開催場所の地図を見る
開催日
2018年2月3日(土)
開催時間
16:45 ~ 20:30
開催備考
16:45オープニングセレモニー 17:00一斉点灯
参加料金
無料
住所
山形県長井市
アクセス(公共交通)
フラワー長井線「長井」駅徒歩約10分
アクセス(自動車)
山形自動車道山形「蔵王」ICより約60分
駐車場
あり(50台 長井市役所駐車場(無料)を利用)
お問い合わせ先
0238-88-5279 ながい雪灯り回廊まつり実行委員会(長井市観光協会)
ホームページ
http://samidare.jp/yukiakari/
備考

※開催情報や施設の営業時間等は変更になる可能性があります。ご利用の際には、事前に主催者にお問い合わせください。

情報提供元: イベントバンク

このページをシェアする

このイベント近隣のイベント

平成30年山辺町旧暦初市

2018.2.27

山形県

山辺町の初市は江戸時代から続く伝統的な催し。旧暦の1月12日にあたる日に開催され、今年は2月27日(火)。縁起物のだんご木や初あめの他、山形打刀物や木工品などの出店で多くの人出があり賑わいを見せる。町特産の鯉をたっぷり使った「鯉こく汁」の無料振る舞いもある。栄養たっぷりの「鯉こく汁」は心も身体もほっこりと温めてくれる美味しいおもてなしとして来場者の楽しみの一つになっている。

ひな人形展とまちなか“雛”ミュージアム

2018.2.17 ~ 2018.3.25

山形県

ふるさと資料館では、最上川舟運により運ばれてきた貴重な雛人形を展示公開する。寛永から明治の時代雛をお雛様がつくられた時代の飾り方や小道具一つ一つにこだわりながら、村山地方らしい飾り方で展示。周辺商店街では、まちなか“雛”ミュージアムと題して山辺町ならではのどこにもないユニークなお雛様を展示。また、小学生がお雛様に扮する「人間雛」や、「ワークショップ」「雛コンサート」等の催し物も開催する。

まんだらの里雪の芸術祭2018 SKY LIGHT~天灯~

2018.2.3

山形県

まんだらの里作谷沢で開催される雪の芸術祭。雪の造形づくり、地元の子どもたちが演じる創作劇や民話の語りなど、多彩なイベントが楽しめる。夕方からは闇に輝く幻想的な雪のオブジェや夜空を彩る天灯(スカイランタン)の打ち上げ(要購入)、花火の打ち上げを楽しめる。天灯の販売は、1月5日~1月31日の期間に作谷沢ふれあい自然館又は山辺温泉保養センターへ。山形駅から会場までのバス送迎付きチケットの販売あり。

presentトラベルバリュー・プレゼント

高級ブランド『間人(たいざ)ガニ』(1杯、1.2kg以上)

山陰地方の特産である松葉がにの中でも京都丹後の間人港で水揚げされる希少価値の高いカニです。風光明媚「食と伝統を紡ぐ海の京都 丹後の冬」公開にあわせ、贅沢な間人ガニを抽選で3名様にプレゼントいたします。なかなか手に入らないカニですので、どしどしご応募ください。
プレゼントに応募する 応募には会員登録が必要です。

メニューから記事を見る