文学座公演「真実」

文学座公演「真実」
宣伝美術:三木俊一(文京図案室)、宣伝写真:佐藤克秋
嘘×嘘=真実?
ある二組の夫婦が繰り広げる恋愛劇の顛末。「男と女」という永遠のテーマに横たわる「嘘と真実」。その狭間で揺れる男女の機微を見事に描くのは、いまフランスで注目の劇作家フロリアン・ゼレール。幾重にも交差する感情の果てに導き出される答えは…。大人の恋愛をエスプリの効いたコメディで軽やかに魅せる。

開催情報

会場
東京芸術劇場 シアターウエスト 開催場所の地図を見る
開催期間
2018年2月24日(土) ~ 2018年3月5日(月)
開催時間
14:00 ~ 16:30
開催備考
開演時間 14時/19時 ※曜日により開演時間が異なる
参加料金
一般6.000円、夜割4,000円、夫婦割10,000円、ユースチケット(25歳以下)3,800円、中・高校生2,500円
住所
東京都豊島区西池袋1-8-1
アクセス(公共交通)
JR・西武池袋線・東武東上線・東京メトロ丸ノ内線・有楽町線・副都心線「池袋」駅西口徒歩2分
アクセス(自動車)
駐車場
あり(100台 )
お問い合わせ先
03-3351-7265 文学座
ホームページ
http://www.bungakuza.com/
備考

※開催情報や施設の営業時間等は変更になる可能性があります。ご利用の際には、事前に主催者にお問い合わせください。

情報提供元: イベントバンク

このページをシェアする

このイベント近隣のイベント

小径のノエル2017

2017.12.23 ~ 2017.12.24

東京都

下北沢の小さなお店が集まって、クリスマスの街にキャンドルを灯す「小径のノエル」。各店舗では様々なイベントも。今年初!北口駅前広場「しもきたスクエア」では、キャンドルモニュメントやミニライブを行う。スタンプラリー、キャンドル作りワークショップも開催。キャンドルの灯を道しるべに夜の小径を歩いてみては。小さなお店の小さな炎が集まって、街行く人々の心にも温かな小さな祝福の火が灯ることを願って開催。

異分野とのコラボレーション お話と音楽で贈る「建築と音楽」

2018.3.2

東京都

せたおんの音楽監督、池辺晋一郎の軽妙なお話と演奏で構成する「異分野とのコラボレーション」シリーズ企画のひとつ。今回のテーマは「建築と音楽」建築家の澤岡清秀は音楽を考えながら図面を引き作曲家の池辺晋一郎は建築的な構造を考えながら五線譜に臨むという。その密接な関係を澤岡と、池辺という両分野のプロフェッショナルが語る。演奏はピアノの宮谷理香とソプラノ小林沙羅&ピアノ河野紘子という豪華なメンバーで臨む。

教員と学生によるコラボレーションシリーズ8 第3回うた工房 喜歌劇こうもり

2018.3.12

東京都

喜歌劇「こうもり」は、数あるウィンナ・オペレッタの中でも最高峰とされる作品で、ヨハン・シュトラウス2世特有の優雅で軽快なウィンナ・ワルツの旋律が全編を彩り、その親しみやすいメロディーが全世界で愛されている名作。上野学園大学の教員、学生、卒業生で結成した「うた工房」が、総力をあげてこ「こうもり」の華麗がな舞台を展開する。

日本ロッシーニ協会演奏会2018

2018.1.6

東京都

19世紀のオペラ作曲家ジョアキーノ・ロッシーニとその作品を研究・普及を行う日本ロッシーニ協会は、2018年のロッシーニ没後150年を記念した演奏会を開催。指揮者で研究者として長年ロッシーニ・ルネサンスを牽引したアルベルト・ゼッダ(2016年没)に見いだされた実力派歌手たちが出演、記念年にふさわしくロッシーニの名作オペラから数々のアリアを演奏。出演)天羽明惠、脇園彩、中井亮一、小堀勇介ほか。