トリックアート迷宮の部屋

トリックアート迷宮の部屋
(c)(一社)橿原市観光協会
トリックアートで写真を撮ろう!
立体的に見える絵画や目の錯覚を利用して楽しく遊ぶ、不思議なトリックアート。「本当に平面なの?」と、ついつい触って確かめたくなってしまう、とっても不思議な絵画をカメラやスマートフォンで撮影しよう。子どもも大人も楽しめる。期間中には、会場で撮影した写真を投稿する「オモシロ写真コンテスト」も開催!

開催情報

会場
橿原市観光交流センターかしはらナビプラザ2F 開催場所の地図を見る
開催期間
2017年11月23日(木) ~ 2018年1月8日(月)
開催時間
09:00 ~ 19:00
開催備考
参加料金
無料
住所
奈良県橿原市内膳町1-6-8
アクセス(公共交通)
近鉄大阪線「大和八木」駅下車すぐ
アクセス(自動車)
駐車場
なし 周辺の駐車場を利用
お問い合わせ先
0744-20-1123 一般社団法人橿原市観光協会
ホームページ
http://www.kashihara-naviplaza.com/
備考

※開催情報や施設の営業時間等は変更になる可能性があります。ご利用の際には、事前に主催者にお問い合わせください。

情報提供元: イベントバンク

このページをシェアする

このイベント近隣のイベント

奈良大学図書館企画展「宝物絵図-正倉院宝物・社寺伝来の宝物を描く-」

2017.10.25 ~ 2017.11.28

奈良県

今も昔もとても大切にしているものを「宝物(ほうもつ)」という。「宝物」が神社や寺院に伝来する場合、それらの多くは神仏に直接かかわるものや、特別の由緒を持っているものである。したがって通常は社殿や神庫の中に秘蔵されたり、仏殿内の特別の場所や宝蔵の中に厳封されたりしているのがほとんどである。今回の展示は、そうした社寺の宝物と、長く東大寺の最も重要な倉・正倉院に伝わった宝物絵図(図絵)を対象とする。

トリックアート迷宮の部屋

2017.11.23 ~ 2018.1.8

奈良県

立体的に見える絵画や目の錯覚を利用して楽しく遊ぶ、不思議なトリックアート。「本当に平面なの?」と、ついつい触って確かめたくなってしまう、とっても不思議な絵画をカメラやスマートフォンで撮影しよう。子どもも大人も楽しめる。期間中には、会場で撮影した写真を投稿する「オモシロ写真コンテスト」も開催!

板木「好古日録」の世界-江戸時代の考古学-

2017.10.31 ~ 2017.12.27

奈良県

奈良大学が所蔵する、近代文化史の貴重な資料「板木」から、江戸時代中期の学者である藤貞幹(とうていかん)の『好古日録』を取り上げる。貞幹はさまざまな古典籍に精通し、清朝考証学の影響を受けた国学者、考証学者で日本考古学の基礎を築いた人物としても高い評価を受けている。今回の展示では、貞幹が諸国から収集し、考証した考古資料を紹介。「板木」の魅力と、考古学に向けられた貞幹の情熱を感じよう。